河合神社

マーカーは河合神社です。

河合神社
[由緒
 鎮座の年代は、不詳であるが神武天皇の御代から余り遠くない時代と伝えられている。「延喜式」に「鴨河合坐小社宅神社」 とある。「鴨河合」とは、古代からこの神社の鎮座地を云い、「小社宅」(こそべ)は「日本書紀」に「社戸」と訓まれ、 それは本宮の祭神と同系流の神々との意である。延喜元年(901年)12月28日の宮符には「河合社、是御祖、別雷両神の苗 裔神也。」ともある。
 天安2年(858年)名神大社に列し、寛仁元年(1017年)神階正二位元暦2年(1185年)正一位明治10年(1887年)賀茂御祖神社 第一摂社に列せられた。
社殿
 本宮の二十一年ごとに行われてきた式年遷宮の度毎にこの神社もすべての社殿が造替されていたが、現在の社殿は延宝7年 (1679年)式年遷宮により造営された古殿を修理建造したもので、平安時代書院造の形式をよくとどめている。  (「河合神社(京都市左京区下鴨泉川町) – 神社訪問記 – FC2」より) ]

都名所図会」・「巻之六 後玄武再刻 下加茂河合社 (下鴨神社)
下加茂河合社 (下鴨神社)(拡大図)

[下加茂河合社
千早振かものやしろの姫小松よろづ代ふるとも色はかはらじ  敏行]

河合神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が河合神社参道です。

カメラ北方向が河合神社神門です。

カメラ位置は河合神社で、カメラ東南東方向に舞殿、カメラ北東方向が拝殿、カメラ南西方向に六社があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*