泉屋博古館

マーカーは泉屋博古館です。

泉屋博古館
[泉屋博古館(せんおくはくこかん)は、京都市左京区鹿ヶ谷にある、中国の古美術が中心の私立美術館である。東京都港区六本木に分館がある。財団法人泉屋博古館は、住友家の美術コレクション、特に中国古代青銅器を保存展示するための機関として昭和35年(1960)に設立された。収蔵品は、住友家当主15代目住友吉左衞門(住友友純1864-1926)が収集した中国古代青銅器類と、その長男の住友寛一(1896-1956)が収集した中国明清代の絵画を中心とするコレクションや、16代目当主住友吉左衞門(住友友成1909-1993)が蒐集した作品、また15代目以前から住友家に伝来したものもが中心である。所蔵品は、中国の(商)、時代を中心とした青銅器、日本・中国の銅鏡、仏像、時代を中心とした中国書画などが名高い。平成14年(2002)には、東京都港区六本木の泉ガーデン(泉ガーデンタワーなどからなる再開発地区)内に分館が開館した。名前の由来は、江戸時代の住友家の屋号「泉屋」と、中国の時代に皇帝の命により編集された青銅器図録「博古図録」からとっている。
国宝
絹本著色秋野牧牛図 – 中国南宋時代の絵画。無款だが、古くより筆者は孝宗時代の宮廷画家・閻次平とされてきた。しかし、辺角的な構図などに馬遠夏珪ら時代が下がる絵師の様式に近い点が認められ、実際は閻次平より多少時期が遅れる作と考えられる。付属する相阿弥や松屋久充らの書付から、元は足利将軍家にあった東山御物で、その後村田珠光や松屋など数寄者の元を転々としたことがわかる。wikipedia-photo

線刻釈迦三尊等鏡像 – 12世紀平安時代の銅鏡。八稜形をした鏡面に、線刻で釈迦三尊ほかの諸仏を表したもの。線刻は濃淡や深浅の抑揚があって絵画的な趣きがあり、表現は平安末期から鎌倉初期の白描図像に近い。
  (wikipedia・泉屋博古館より)]

住友コレクション 泉屋博古館ホームページ

泉屋博古館 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が泉屋博古館です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*