牧護庵

マーカーは牧護庵です。

牧護庵

寛平法皇御旧跡法皇寺碑
[法皇寺は,もと乙訓郡今里(現長岡京市)にあり乙訓寺と呼ばれた。寺伝によると推古天皇(554~628)の勅願で建立され,宇多法皇(寛平法皇,867~931)が落飾した後,この寺を行宮としたため法皇寺とも呼ばれた。その後,今熊野日吉町附近に移り,足利義満が伯英(?~1403)に命じて禅宗寺院として南禅寺に附属させた。18世紀前半頃,左京区東門前町に移転。明治11(1878)年南禅寺金地院に,同21年この地(同寺牧護庵)に合併された。牧護庵は後宇多法皇(1264~1324)ゆかりの寺である。この石標は,牧護庵内の法皇寺を示すものである。  (「SA049 寛平法皇御旧跡法皇寺」より)]

都林泉名勝図会」・巻之二 牧護庵

牧護庵 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が牧護庵山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*