琵琶湖疎水蹴上インクライン

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    琵琶湖疎水トップページへ戻る

    グーグル・アート・プロジェクト – 歴史アーカイブ – 「京都散策・明治初期~大正初期

    琵琶湖疎水蹴上インクライン
    [1890年に完成した第1疏水と1912年に完成の第2疏水を合わせ、23.65m3/sを滋賀県大津市三保ヶ崎で取水し、うち水道用水12.96m3/s、他に通水の翌年に運転をはじめた営業用として日本初となる水力発電、潅漑、工業用水などに使われる。電力は日本初の電車(京都電気鉄道、のち買収されて京都市電)を走らせたのを始め、工業用動力として使われ京都の近代化に貢献した。また、水運にも用いられ、琵琶湖と京都、京都と伏見・宇治川を結んだ。落差の大きい蹴上と伏見にはケーブルカーと同じ原理のインクラインが設置され、船を線路上の台車に載せて移動させた。水運の消滅に伴いインクラインはいずれも廃止されたが、蹴上では一部の設備が静態保存されている。現在でも無鄰菴平安神宮神苑、瓢亭、菊水、何有荘、円山公園をはじめとする東山の庭園に、また京都御所東本願寺の防火用水としても利用されている。一部の区間は国の史跡に指定されている。また、疏水百選の一つである。
    蹴上発電所は第1疏水開通にやや遅れて明治24年に送電を開始した。この電力で蹴上インクラインの運転もすることになった。現在は関西電力所有の無人発電所となって発電をつづけている。
    蹴上浄水場は蹴上船溜りと三条通をはさんで向いに建設された。現在は蹴上、新山科、松ヶ崎の浄水場が疏水から取水している(新山科は一部宇治川から)。
    桜が咲き誇る蹴上インクライン・wikipedia-photo
    琵琶湖疎水蹴上インクライン模型写真

    琵琶湖疎水蹴上インクライン頂上

      (wikipedia・琵琶湖疏水より)]

    [蹴上インクライン
    疏水上流の蹴上船溜と下流の南禅寺船溜を結んだ全長約582mの傾斜鉄道で、建設当時世界最長でした。約36mの高低差を克服するために舟を台車に乗せ、ケーブルカーと同じ原理で運びました。インクラインによって、舟は貨物の積み下ろしをせずに、高低差を乗り切ることができました。現在は、レールが形態保存されています。インクラインの中は自由に歩くことができ、観光名所としても親しまれています。春には、インクライン両側の桜が咲き誇り、華麗な様相を見ることができます。
    「蹴上インクライン」を 360° VR で見る。  (「蹴上インクライン | 見どころ – 日本遺産 琵琶湖疏水」より。)]

    桜満開の蹴上のインクライン。おすすめの琵琶湖疏水の桜が見え

    蹴上インクライン・南禅寺船溜まり(「蹴上インクライン・南禅寺船溜まり – Google Map 画像」より。)

    蹴上インクライン・南禅寺船溜まり(「蹴上インクライン・南禅寺船溜まり – Google Map 画像」より。)

    カメラ位置は琵琶湖疎水蹴上インクライン下流部南禅寺船溜まりです。

    カメラ位置は琵琶湖疎水蹴上インクライン中流部です。(桜満時期のストリートビューです。)

    カメラ位置は琵琶湖疎水蹴上インクライン蹴上船溜りです。