琵琶湖疏水(水路閣)

マーカーは琵琶湖疏水(水路閣)です。

Google Earth で街並み散歩(日本編) – 琵琶湖疎水トップページへ

琵琶湖疏水(水路閣)
[琵琶湖疏水は、第1疏水(1890年に完成)と第2疏水(1912年に完成)を総称したものである。両疏水を合わせ、23.65m3/sを滋賀県大津市三保ヶ崎で取水する。その内訳は、水道用水12.96m3/s、それ以外に水力発電、灌漑、工業用水などに使われる。また、疏水を利用した水運も行なわれた。水力発電は通水の翌年に運転が開始され、営業用として日本初のものである。その電力は日本初の電車(京都電気鉄道、のち買収されて京都市電)を走らせるために利用され、さらに工業用動力としても使われて京都の近代化に貢献した。水運は、琵琶湖京都、さらに京都と伏見宇治川を結んだ。落差の大きい蹴上と伏見にはケーブルカーと同じ原理のインクラインが設置され、船は線路上の台車に載せて移動された。水運の消滅に伴いインクラインはいずれも廃止されたが、蹴上では一部の設備が静態保存されている。現在[いつ?]でも無鄰菴平安神宮神苑、瓢亭、菊水何有荘円山公園をはじめとする東山の庭園に、また京都御所東本願寺の防火用水としても利用されている。一部の区間は国の史跡に指定されている。また、疏水百選の一つである。
蹴上からは北に向かう疏水分線が分岐している。南禅寺の境内を水路閣でまたぎ、(銀閣寺)西方を通り北進。若王子神社から慈照寺(銀閣寺)付近までの疏水分線の堤は哲学の道として昭和後期に整備されている。
南禅寺境内にある水路閣はテレビドラマの撮影に使われるなど京都の風景として定着している。建設当時は古都の景観を破壊するとして反対の声もあがった一方で、南禅寺の三門には見物人が殺到したという。
南禅寺境内の水路閣・wikipedia-photo、水路閣上を琵琶湖疏水が流れる様子・wikipedia-photo  (wikipedia・琵琶湖疏水より)]

[明治維新後に建設された、当寺の境内を通る琵琶湖疏水水路閣はテレビドラマの撮影に使われるなど、今や京都の風景として定着している。建設当時は古都の景観を破壊するとして反対の声もあがった一方で、南禅寺の三門には見物人が殺到したという。  (wikipedia・南禅寺より)]

水路閣 – Google Map 画像リンク」、「琵琶湖疏水分線 – Google Map 画像リンク

水路閣北側のカメラです。

水路閣真下のカメラです。

水路閣上・琵琶湖疏水路のカメラです。