石座神社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    石座神社(いわくらじんじゃ)
    [石座神社(いわくらじんじゃ)は、京都市左京区岩倉にある神社。旧社格は村社。
    創建については明らかでないが、日本三代実録
    元慶四年十月十三日癸巳、山城国正六位上石坐神、授従五位下』
    とあり、元慶4年(880年)時点で既に岩倉の地に鎮座していたとされ、この地の名称の由来となったとされる。なお、当時の鎮座地は、現在の岩倉西河原町にある石座神社の御旅所である山住神社の地である。山住神社は社殿を持たず、御神体の磐座を崇める古神道の形が今に残っている。
    天禄2年(971年)に行われた大雲寺の造営に伴い、石座明神がその鎮守神として、現在地である大雲寺の当時の境内に勧請される。長徳3年(997年)4月18日に神殿が新築され、石座明神と共に、新羅八幡山王春日住吉松尾賀茂の七明神が勧請、合祀され「八所明神」と称した。それに伴い旧来の石座明神社は、八所明神社の御旅所となった。
    後に西社が建造されると東社の八所明神に加え、伊勢平野貴船稲荷の四明神が祀られ「十二所明神」と称した。
    天文15年(1546年)、細川国慶と当時の岩倉領主山本尚則が大雲寺近辺で交戦し、大雲寺も兵火を被った。その際、鎮守社であった八所・十二所明神の社殿及び古文書を焼失した。その後、天文22年(1553年)に両社が再興され、天正2年(1574年)に両社の社殿も再建された。この社殿は明和3年(1766年)にも改造築され、この時作り変えられた社殿が現存している。
    明治以降、旧来の御旅所が「山住神社(やまずみじんじゃ)」、八所明神社・十二所明神社が「石座神社」と改称された。
    石座神社 鳥居

    (左)十二所明神・(右)八所明神

    山住神社 – 祭神:石座大神
    石座神社旧地。大雲寺に遷座した後は「山住の神」と号し、石座神社(八所・十二所明神)の御旅所と定められた。元禄12年(1701)に記された「大雲寺堂社旧跡纂要」には、以下のように記されている。
    『石座明神。今、霊石在り。松の柱を立てて、之を覆い、瑞垣を以て之を囲む。目無川の末、西方の山麓に在り。今は農舎の間に介まれり。俗、呼びて旅所と為し、神輿を祭礼して、此処に安く。これは八所・十二所の両社、寺内に勧請して、石座明神相殿なるが故。漸々に社祠破壊し、霊石顕著なるもの乎。茲により村里の人民、誤りて九月十四日の神祭の旅所と呼びて、山上の両社を修繕し、当社を営むに疎かなるものか。』 – 権少僧都恕融『大雲寺堂社旧跡纂要』(1997年・竹田源訳)
    山住神社 磐座

    松明の神事と神輿渡御
    10月23日の秋祭は、その未明に行われる「松明の神事」から始まる。松明は雌雄の大蛇をかたどり、平年には12箇所、旧暦閏年には13箇所に松明を結ぶ。松明の長さは約13 m、周囲が約2 mであるが、昔はさらに大きかったという。松明の神事は、「岩倉火祭」として、登録無形文化財に指定されている。 
    2基の松明の製作は、中在地町と忠在地町の2町があたる。祭礼当日は、各町毎のトウヤ宅から、小松明・鉾・御供を持って石座神社に集まり、献饌・神事の後、境内の仮屋前に置かれた大松明が点火される。
    祭のはじめ、神輿は神楽殿に遷され、そこから神が祭をご覧になる。神前の燈火をいただき、松明の左から右へ火を転じ、燃え尽きた午前4時半頃に子供神輿のみが村松町を経由して、中在地・西河原・忠在地・上蔵・下在地の5町を巡り、御旅所の山住神社へ向かう。午前5時頃に大人神輿が、5町を巡り山住神社へと向かう。そして午後2時頃に山住神社を出て、石座神社に還る。
    松明の神事の由来
    昔、岩倉に2匹の大蛇が現れて、人々や田畑に危害を加えた。人々はおおいに苦しみ、大蛇の退去を願って様々な手法を用いても効果がない。神に祈っても無駄で途方に暮れていた。石座大明神に訴えたある夜、夢枕に老いた尼が立ち、「神火をもちて向え」と教授したという。夢が覚めて神前の燈火をうつして大蛇に対すると、大蛇は後ずさりしつつ、遂にいずれかへ逃げ去ったという。現在、雌雄の大蛇をかたどった松明を燃やす神事は、大蛇退治の模式であるという。
      (wikipedia・石座神社_(京都市)より)]

    石座火祭
    [月日:10月23日に近い土曜日  場所:石座神社

    石座火祭(いわくらひまつり)は,かつての岩倉村六ヶ町の氏子から成る宮座という祭祀(さいし)組織による行事です。
     夜中の2時に,松明(たいまつ),剣鉾(けんぼこ)などを手にそれぞれの町内から参加者が石座神社へ集まり,献饌(けんせん),神事のあと,宮座の代表が火をもらいに神前に進み出ます。
     午前3時,長さ8メートル,胴回り約7メートルの雄雌の大蛇に見立てた2基の大松明(だいたいまつ)が点火され,赤々と燃え上がります。
     大松明の炎が弱った5時頃,子ども神輿と大人神輿が神社を出発します。石段を降り,神輿は各町を巡行します。  (「京都市左京区役所:石座火祭」より。)]

    地名の由来
    [「岩倉」の名は古代の磐座(いわくら)信仰(天から降臨した神が巨石に安座するというもの)に基づくものであり、現在の山住神社(岩倉西河原町)にある巨石が神体となり「石座(いわくら)神社」(もしくは岩座大明神)と称されたのが地名の由来である(なお石座神社はその後実相院の北側に移転され、神体の巨石のみが残されて山住神社となった)。また平安京造営時に京の四方の山上に一切経を納め東西南北の名を冠する4つの岩蔵が設けられた際、この地にもその岩蔵の一つが置かれたことに由来するともいう。平安時代の文献には「石蔵」として現れ、「岩倉」となったのは鎌倉時代以降である。他には「岩蔵」「石倉」「石座」などの表記もあった。  (wikipedia・岩倉 (京都市) – 地名の由来より)]

    石座神社 (京都) – 何気ない風景とひとり言 – Gooブログ

    宮座(西) – Google Map 画像リンク」、「石座神社 神楽殿 – Google Map 画像リンク

    カメラ北北西方向が石座神社参道です。