緑寿庵清水

マーカーは緑寿庵清水です。

緑寿庵清水
[創業は弘化4(1847)年、 現在と同じ京都・百万遍の地に初代・清水仙吉が暖簾をあげました。二代目・清水庄太郎が受け継ぎ、三代目・清水勇になったころから少しずつ肉桂(シナモン)、濃茶などの金平糖を作り始めました。四代目・清水誠一になり、本格的にさまざまな素材を使った金平糖作りに挑戦し、とともに現在は約50種類ほどの金平糖を作り出しています。  (「弊社の歴史 – 緑寿庵清水」より)
由来、製造方法については、「[金平糖について] 由来 歴史 職人-緑寿庵清水-」をご覧ください。]

[創業、弘化四年(1847)。日本で唯一の“金平糖専門店”。金平糖は1546年、ポルトガルからもたらされた品々のなかでもひときわ人々の目を引き、「高貴なお菓子」として珍重されていました。金平糖は、回転している釜に餅米を細かく砕いたイラ粉を入れ、少しずつ蜜をかけては乾燥させる工程を繰り返します。しかし、レシピがない為、その時々の気温や天候により変化する金平糖の状態を見極め、五感を用いて、完成までに1種類約16日以上もかけて、砂糖に天然素材を加えると結晶しないと言われてきた常識をくつがえしました。約50種類もの風味と色彩を熟練の職人が丹精込めて手づくりした緑寿庵清水の金平糖は、伝統と独自の製法を守り続けてきた逸品です。  (「日本橋三越 銘店の銘菓(緑寿庵清水)|菓遊庵」より)]

緑寿庵清水 – 出町柳/和菓子 [食べログ]

金平糖 緑寿庵清水 京都本店 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が緑寿庵清水です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*