藤井斉成会有鄰館

マーカーは藤井斉成会有鄰館です。

藤井斉成会有鄰館
[藤井斉成会有鄰館(ふじいさいせいかい ゆうりんかん)は、京都市左京区岡崎にある、中国の古美術が中心の私立美術館。財団法人藤井斉成会は、滋賀県出身の実業家藤井善助(1873年-1943年、藤井紡績(後の藤井となる)創業者)の東洋美術コレクションを保存展示するための機関として大正15年(1926年)に設立された。日本の私立美術館としては草分けの1つである。京都市登録文化財の建物は地上3階建てで、屋上に朱塗りの八角堂を乗せた東洋風の展示館は設立当初からのもので、展示室内部も昭和初期の雰囲気をとどめている。
国宝 1件、国の重要文化財 9件を含む所蔵品は、中国の(商)からまで各時代の青銅器、仏像、書画、陶磁器など多彩である。珍しい収蔵品として人口に膾炙しているものは、科挙試の際に使用されたとされる、カンニング用の下着である。一般公開は原則として、2月-7月、9月-11月の毎月2回(第1・第3日曜)12:00-15:30のみ。
「藤井斉成会有鄰館、京都市左京区」・wikipedia-photo、春秋経伝集解・wikipedia-photo  (wikipedia・藤井斉成会有鄰館より)]

藤井斉成会有鄰館第一館
[藤井善助が収集した中国美術工芸品の展示と保存のため,武田五一の設計で大正15年(1926)に建てられた。屋上に中国風の八角堂がのる特異な形態で,内部は展示品に合わせた中国風意匠。近代の民間美術館では東京の大倉集古館に次いで古く,建築としては現存最古。  (「京都市指定・登録文化財-建造物」より)]

藤井斉成会 有鄰館 | 京都ミュージアム探訪

藤井斉成会有鄰館 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が藤井斉成会有鄰館です。