貴船神社結社(中宮)

マーカーは貴船神社結社(中宮)です。

貴船神社結社(中宮)関連リンク – 「貴船神社本宮」、「貴船神社奥宮

貴船神社結社(中宮)
[結社(ゆいのやしろ)は、本宮と奥宮の中間、本宮から上流側300メートルの場所にある。その立地から中宮(なかみや)とも呼ばれている。
磐長姫命を祭神とし、縁結びの神として信仰される。磐長姫命が縁結びの神とされることになった理由として次のような伝承がある。天孫瓊瓊杵尊が磐長姫命の妹の木花開耶姫と結婚しようとしたとき、姉妹の父の大山祇命は、磐長姫命も共に奉った。しかし、瓊瓊杵尊は木花開耶姫とだけ結婚したので、磐長姫命はそれを恥じ、「縁結びの神として良縁を授けん」と言って当地に鎮まったという。
以前は、境内の細長い草の葉を結び合わせて縁結びを願っていたが、現在は植物保護のため本宮で授与される「結び文」に願文を書いて指定場所に結ぶことになっている。境内には、「磐長姫命の御料船」として平成8年に奉納された船形の自然石「天の磐船」が置かれている。また、後述の和泉式部の歌碑がある。
和泉式部
和泉式部が貴船神社に参拝したときの歌が後拾遺和歌集に収録されている。「男(夫の藤原保昌)に忘れられている頃、貴船神社に参拝し、御手洗川に蛍が飛んでいるのを見て詠んだ短歌」として、
“ ものおもへば 沢の蛍も わが身より あくがれいづる 魂たまかとぞみる
(意訳:恋しさに悩んでいたら、沢に飛ぶ蛍も私の体から抜け出した魂ではないかと見える)

という歌である。それに対して貴船明神が返したと伝えられる短歌
“ おく山に たぎりて落つる 滝つ瀬の 玉ちるばかり ものな思ひそ
(意訳:奥山にたぎり落ちる滝の水玉が飛び散るように、(魂が飛び散ってしまうほど)思い悩んではいけない)

も後拾遺和歌集に収録されている。
後の時代に書かれた『沙石集』には、このときの参拝の様子が詳しく書かれている。和泉式部巫女に縁結びの祭を行わせたが、その一環として巫女は、和泉式部の着物の裾をめくって陰部を露出させる作法をすることを迫った。和泉式部はそれを拒否したが、その様子を夫の保昌が神社の陰から見ており、その態度に感じ入ってその後は夫婦円満になったという。
和泉式部歌碑・wikipedia-photo  (wikipedeia・貴船神社より)]

貴船神社境内図

貴船神社 結社 – Google Map 画像リンク」「天乃磐船 – Google Map 画像リンク」「桂(御神木) – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が貴船神社結社(中宮)参道です。

貴船神社拝殿前の360citiesです。

和泉式部歌碑前の360citiesです。

貴船神社結社(中宮)拝殿前のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*