蹴上発電所

マーカーは蹴上発電所です。

Google Earth で街並み散歩(日本編) – 琵琶湖疎水トップページへ

蹴上発電所
[当初蹴上南禅寺から鹿ヶ谷付近、現在の岡崎公園周辺に水車の動力を利用した工場を誘致、現在でいう工業団地を作る計画であった。『諮問案・起工趣意書』には「其一製造機械之事」として水車動力の採用が触れられているが、田邉朔郎らのアメリカ視察で水車の設置は京都の条件にあわないことが明らかになったため、蹴上に実用化されて間もない水力発電所を設置し市内に電力を供給するよう変更になった。蹴上発電所は第1疏水開通にやや遅れて明治24年に送電を開始した。この電力で蹴上インクラインの運転もすることになった。日本初の電気鉄道である京電の開業も需要家確保の側面もあった。毎月1日と15日は水路の藻刈りのため発電所が休止、電車も運休となっていた。
「蹴上発電所、京都市左京区」・wikipedia-photo、旧蹴上発電所で使用のペルトン水車・wikipedia-photo  (wikipedia・琵琶湖疏水より)]

[蹴上(けあげ)発電所は、琵琶湖疏水で得られる水力の有効活用の目的で建設され、明治24年(1891年)6月に発電機2台で運転を開始しました。情緒あふれるレンガ造りの発電所から生まれる電気は京都の街へと送られ、明治28年(1895年)には、塩小路(現在の京都駅)~伏見駅へ走る日本初の市街電気鉄道(京都市電)の開通に大きく貢献しました。京都の近代化に大きく貢献した蹴上発電所は、開業から100年以上を経た今でも京都の街へ電気を送り続けています。
※蹴上発電所にPR館などはなく、見学希望も受け付けていません。  (「主な水力発電所[関西電力]」より)]

[琵琶湖疎水による発電ネットワークにおいて、疎水完工当時の様相を今に残すのは,第二琵琶湖疎水事業における第二期蹴上発電所、夷川発電所伏見発電所(後に墨染発電所に変更)であり,そのなかで代表的な形態を示すのがそれぞれの発電所建屋である。第二期蹴上発電所は京都市左京区、南禅寺西に位置する。1897(明治30)年5月に完成した第一期発電所(1760kW,1891(明治24)年6月に一部完成)に隣接し、竣工時(1912(明治45)年2月)4,800kWの出力を有していたが、1936(昭和11)年1月の第三期発電所(5700kW第一期発電所の場所に位置する)竣工と同時に発電機能を廃止されている。発電所建屋は要所に石材を用いた煉瓦造りで屋根を鉄骨で架構し石綿板でふいてある。高さは16.6m(55尺)、地下4.2m(14尺)、建築面積は付属水圧鉄管室を含めて1059㎡(321坪)である。
竣工時の各発電所建屋のデザインを比較すると、蹴上発電所と夷川発電所はともに煉瓦造りであり、蹴上発電所が外に開かれた窓によってそれ自体がオープンな印象を与えるのに対して、夷川発電所は箱形の建屋とそれを映す水面が一体となることによって独特の風情を出している。これに対して伏見発電所は、煉瓦を使わず,多くの外に開かれた窓によって当時としてはモダンでオープンな印象を与えている。 (「琵琶湖疏水の発電施設群の解説シート | 土木学会 選奨土木遺産」より)] 

[「蹴上発電所」を360°VRで見る。  (「蹴上発電所 | 見どころ | 日本遺産 琵琶湖疏水(びわこそすい)」より。 )]

水力発電所ギャラリー 関西電力蹴上発電所 – 水力ドットコム」、「関電、国内最古の水力「蹴上発電所」を見学可能に :日本経済新聞

蹴上発電所 – Google Map 画像リンク

蹴上水力発電所制水ゲートから見た送水鉄管のカメラです。(Google Maps)

カメラ南東方向が蹴上発電所入口ゲートです。

カメラ北東方向が蹴上発電所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*