金戒光明寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    金戒光明寺の子ページリンク
    金戒光明寺(山門)金戒光明寺(御影堂)金戒光明寺(阿弥陀堂)金戒光明寺(経堂)金戒光明寺(鐘楼)金戒光明寺(大方丈)金戒光明寺(文殊塔)金戒光明寺(蓮池院)

    金戒光明寺
    [金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)は、京都市左京区黒谷町にある浄土宗の寺院。山号は紫雲山。本尊は阿弥陀如来。通称寺名をくろ谷さん(くろだにさん)と呼ぶ。知恩院とならぶ格式を誇る浄土宗の大本山の1つである。
    承安5年(1175年)春、法然比叡山の黒谷を下った。その後岡を歩くと、大きな石があり、法然はそこに腰掛けた。するとその石から紫の雲が立ち上り、大空を覆い、西の空には、金色の光が放たれた。そこで、法然はここに草庵を結んだ。これがこの寺の始まりであるとされる。ここは、「白川の禅房」と呼ばれ、もとは比叡山黒谷の所領で、叡空入滅の時、黒谷の本房と白川の本房を法然に与えた。そのため比叡山の黒谷を元黒谷、岡崎の地を新黒谷と呼んだ。後に法然は信空に黒谷の本房と白川の本房を与え、信空はこの地に住んだ。その後岡崎の地を新黒谷とは呼ばず、黒谷(くろだに)と呼ぶようになる。なお比叡山では黒谷を現在も黒谷と呼ぶ。第5世恵顗の時に堂を整え、法然の見た縁起にちなみ紫雲山光明寺と号した。第8世運空は後光厳天皇に戒を授けて、金戒の二字を賜り、金戒光明寺と呼ぶようになった。法然が最初に浄土宗を布教を行った地であることに因み、後小松天皇から「浄土真宗最初門」の勅額を賜った。江戸時代初期に城郭構造に改修された。文久2年(1862年)京都守護職の本陣となった。第二次世界大戦後「黒谷浄土宗」として一派独立するが現在は浄土宗に合流し七大本山の一翼を担う。
    金戒光明寺は江戸時代初期に同じ浄土宗の知恩院とともに城郭構造に改められていた。会津藩松平容保公が幕末文久2年閏8月1日(1862年9月24日)に京都守護職に就任すると、京都守護職会津藩の本陣となり、藩兵1,000人が京都に常駐し1年おきに交替した。会津藩士のみでは手が回りきらなかったため、守護職御預かりとして新選組をその支配下に置き治安の維持に当たらせた。慶応3年12月9日(1868年1月3日)、この年の10月に行われた大政奉還後の王政復古の大号令によって薩摩藩長州藩が京都市中の支配権を確立したため、京都守護職は設置後6年をもって廃止された。ここ黒谷の地で、鳥羽・伏見の戦いで戦死した会津藩士の菩提を弔っている。 なお、このころ中間として出入りしていた侠客会津小鉄こと上坂仙吉である。
    金戒光明寺高麗門

      (wikipedia・金戒光明寺より)]

    会津藩殉難者墓所
    [会津藩主松平容保(1835~93)が文久2(1862)年京都守護職に任命されると,その本拠地となった黒谷金戒光明寺周辺には,会津藩士が分宿した。この石標は,慶応4(1868)年正月鳥羽・伏見の戦いなど,文久年間以来の会津藩士戦没者の墓所を示すものである。
    所在地 左京区黒谷町(金戒光明寺前)
    位置座標 北緯35度01分05.1秒/東経135度47分09.1秒(世界測地系)
    建立年 1957年
    建立者 柏村毅
    寸 法 高226×幅48×奥行47cm
    碑 文
    [西]
    会津藩殉難者墓所
    [東]
    昭和三十二年十二月十五日 柏村毅建之
    [北]
    為明治戊辰戦役九十年祭記念 柏村毅建之
    調 査 2002年2月21日
    備 考 建立者の柏村毅(1898~1973)は福島県出身,東急電鉄専務や関東バス社長を務めた陸運界の実業家/東面の「柏村毅建之」は文字を埋めて抹消している  (「SA010 会津藩殉難者墓所 – 京都市」より)]

    金戒光明寺公式ホームページ

    金戒光明寺境内図(「金戒光明寺」より)

    金戒光明寺資料リンク
    都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 黒谷金戒光明寺 (黒谷・金戒光明寺)」、「巻之三 左青龍再刻 紫雲山金戒光明寺黒谷 (黒谷・金戒光明寺)解説
    黒谷金戒光明寺 (黒谷・金戒光明寺)(拡大図)

    都林泉名勝図会」・「巻之二 反古菴

    花洛名勝図会」・「東山之部 四 黒谷金戒光明寺 (金戒光明寺)」、「東山之部 四 其二 (金戒光明寺)」、「東山之部 四 紫雲山金戒光明寺 (金戒光明寺)解説

    都名所画譜」・「巻之下 黒谷

    国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 黒谷金戒光明寺

    金戒光明寺 高麗門 – Google Map 画像リンク

    カメラ東南東方向が金戒光明寺高麗門で、門右前に会津藩殉難者墓所碑があります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *