龍光院

マーカーは龍光院です。

龍光院
[龍光院(りょうこういん)は 京都府京都市左京区黒谷町にある、浄土宗大本山金戒光明寺塔頭(たっちゅう)である。龍光院はかつて僧侶であった、羽柴下総守(滝川雄利)により建立された。滝川雄利の息女は、たいへん器量が良く、北政所にも気に入られていた。北政所は豊臣秀吉朝鮮に遠征した際、捕虜として連れてこられた李氏朝鮮の男性を、雄利の息女の召使いにと遣わした。ところが、息女は17歳の若さで亡くなってしまった。そこで雄利は息女の死を悼み、金戒光明寺に塔頭を建立した。そして息女の戒名の「龍光院」から名を取り、塔頭の名を龍光院とし、菩提を弔うことにした。息女の召使いは、息女が亡くなったのち出家し、宗厳と名のった。彼は長い修行の後、再び黒谷の地に戻ってきて、龍光院墓地の息女の墓の前で、念仏をひたすら唱えていた。宗厳はのち西雲院を建立し、念仏三昧の生活を送ることになった。その後、明治時代になり、廃仏毀釈などの影響もあり、一時住職がいないという時代もあった。現在の伽藍は隣地にあった別の塔頭を合わせたものである。本堂は建立当時のものと言われている。なお当寺院は金戒光明寺内の塔頭で、唯一寺院内の墓地を持つ。秋は紅葉が美しい。  (wikipdia・龍光院_(京都市左京区)より)]

龍光院 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向山門が龍光院山門で、カメラ北東方向が栄摂院山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*