長徳寺

マーカーは長徳寺です。

長徳寺
[長徳寺(ちょうとくじ)は川端通今出川上ル、出町柳駅すぐそばの左京区田中下柳町にある浄土宗の寺院で、常林寺の北隣に位置する、「砂川の三軒寺」の一つである。江戸時代慶長十年(1605)に開山 万愚牛廊、開基 摂津・溝口領主長谷川宗二(はせがわそうにん)によって当初は裏寺町に建てられたと伝えられている。山号は報恩山。その後消失し、寛文十二年(1672)に現在地に移転した。山門前にあるピンクのオカメ桜で知られている。  (「0440長徳寺 | うさぎのブログ」より)]

長徳寺のオカメ桜 – 巨樹と花のページ」、「長徳寺 満開のおかめ桜: 京都を歩くアルバム」、「長徳寺 桜

長德寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向・長徳寺山門左がオカメ桜です。

カメラ東方向が長徳寺山門で、山門左にオカメ桜があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*