頂妙寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    頂妙寺
    [頂妙寺(ちょうみょうじ)は、京都府京都市左京区にある、日蓮宗の本山(由緒寺院)。山号は聞法山。塔頭が八院ある(真如院、法輪院、大乗院、善性院、妙雲院、本立院、善立院、真浄院)。
    頂妙寺は下総国出身の僧日祝(日常8世)によって創建された。日祝は1469年(文明元年)上洛。檀越の細川勝益から寺地の寄進を受け、1473年(文明5年)に頂妙寺を開山した。当時の寺地は南は四条通、北は錦小路通、西は万里小路(現在の柳馬場通)、東は富小路通に至る地で、現在の京都市下京区中京区にまたがる。その後、頂妙寺は移転を繰り返した。1509年(永正6年)、新町長者町に移転(現・上京区元頂妙寺町)。1523年(大永4年)には高倉中御門に移転した。中御門通は現在の椹木町通で、「高倉中御門」は京都御苑内の厳島神社付近にあたる。1536年(天文5年)の天文法華の乱では他の法華宗寺院とともに焼失し、堺に避難した。その後1542年(天文11年)、後奈良天皇は法華宗帰洛の綸旨を下し、頂妙寺は同年、高倉中御門の旧地に伽藍を再建した。
    1573年(天正元年)、織田信長の上京焼討ちにより、鷹司新町に移転する。「鷹司新町」は前出の「新町長者町」とほぼ同位置である。1579年(天正7年)の安土宗論には頂妙寺から日珖が臨んだ。1583年(天正11年)には豊臣秀吉の命により、高倉中御門に再度移転するが、1673年(寛文13年)禁裏に隣接しているという理由で、現在の地に移転した。寺は1788年(天明8年)天明の大火により焼失するが、その後再建された。
    頂妙寺仁王門

    頂妙寺本堂

      (wikipedia・頂妙寺より)]

    頂妙寺境内図(「0600頂妙寺(Chomyoji Temple) | うさぎのブログ」より)

    除夜の鐘 -頂妙寺編- | そうだ 京都 書こう

    頂妙寺資料リンク
    都名所図会」・巻之一 平安城再刻 頂妙寺( 天明の大火以前の頂妙寺絵図)、巻之一 平安城再刻 聞法山頂妙寺 (頂妙寺)解説
    頂妙寺(拡大図)

    花洛名勝図会」・東山之部 三 頂妙寺二天門東山之部 三 聞法山頂妙寺 (頂妙寺)解説
    頂妙寺二天門(拡大図)

    [頂妙寺二天門
    当寺の大門に安ずるは、東の方は持国天、西の方は多聞天にして、両像ともに長七尺許、運慶安阿弥の両作なりとぞ。かるが故にこれを二天門と号す。此尊天霊験あらたなるが故に、陰晴をいはず朝より暮に至るまで諸人しばしの間漸なく、老若男女群つどひて、かちはだしにて門をめぐり千度をこつことおびただし。]

    頂妙寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が頂妙寺表門です。

    カメラ位置は頂妙寺境内で、カメラ北北東方向に頂妙寺本堂、その右に大黒天堂、祖師堂が、カメラ南東方向に仁王門、カメラ北西方向に妙見宮、その右に鬼子母神堂、カメラ北北西方向に鐘楼があります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *