鴨社資料館 秀穂舎

マーカーは鴨社資料館 秀穂舎です。

鴨社資料館 秀穂舎
[鴨社資料館・秀穂舎(かもしゃしりょうかん・しゅうすいしゃ)、下鴨神社の学問所絵師であった浅田家の社家住宅が鴨社資料館として公開された。社家の日常生活を復元した資料が展示されている。 下鴨神社の社家として残る数少ない建物「旧浅田家」が、下鴨神社の資料館として2016年オープンしました。糺の森に向かう参道を進むと途中に泉川に掛かる橋(分かりにくいですが)があり、その右手前が「鴨社資料館・秀穂舎」です。かつては下鴨神社周辺には340軒ほどの社家があったそうですが、現在まで残っているのはこちら浅田家と鴨脚家(いちょうけ)の2軒のみだそうです。江戸時代中期に建造されました。明治以降は民間に払い下げられ京都市長宅にもなりましたが、最終的に下鴨神社が買い取り、資料館として整備したものです。  (「「鴨社資料館・秀穂舎・旧浅田家」 – 絶景かなドットコム(京都)」より)]

鴨社資料館「秀穂舎(しゅうすいしゃ)」(旧浅田家住宅)へ 古寺とお城の

秀穂舎 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が鴨社資料館 秀穂舎です。