南禅寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    南禅寺子サイトへリンク
    南禅寺(総門)南禅寺(勅使門)南禅寺(三門)南禅寺(法堂)南禅寺(方丈)南禅寺(鐘楼)南禅寺(大寂門)

    南禅寺
    [南禅寺 (なんぜんじ)は、京都市左京区南禅寺福地町にある、臨済宗南禅寺派大本山の寺院である。山号は瑞龍山、寺号は詳しくは太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)である。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は亀山上皇、開山(初代住職)は無関普門(大明国師)。日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ。
    南禅寺の建立以前、この地には、後嵯峨天皇文永元年(1264年)に造営した離宮の禅林寺殿(ぜんりんじでん)があった。「禅林寺殿」の名は、南禅寺の北に現存する浄土宗西山禅林寺派総本山の禅林寺(永観堂)に由来する。この離宮は「上の御所」と「下の御所」に分かれ、うち「上の御所」に建設された持仏堂を「南禅院」と称した。現存する南禅寺の塔頭(たっちゅう)・南禅院はその後身である。亀山上皇は正応2年(1289年)、40歳の時に落飾(剃髪して仏門に入る)して法皇となった。2年後の正応4年(1291年)、法皇は禅林寺殿を寺にあらため、当時80歳の無関普門を開山として、これを龍安山禅林禅寺と名づけた。伝承によれば、この頃禅林寺殿に夜な夜な妖怪変化が出没して亀山法皇やお付きの官人たちを悩ませたが、無関普門が弟子を引き連れて禅林寺殿に入り、静かに座禅をしただけで妖怪変化は退散したので、亀山法皇は無関を開山に請じたという。無関普門は、信濃国の出身。東福寺開山の円爾(えんに)に師事した後、40歳でに留学、10年以上も修行した後、弘長2年(1262年)帰国。70歳になるまで自分の寺を持たず修行に専念していたが、師の円爾の死にをうけて弘安4年(1281年)に東福寺の住持となった。その10年後の正応4年(1291年)に南禅寺の開山として招かれるが、間もなく死去する。開山の無関の死去に伴い、南禅寺伽藍の建設は実質的には二世住職の規庵祖円(南院国師、1261 – 1313)が指揮し、永仁7年(1299年)頃に寺観が整った。当初の「龍安山禅林禅寺」を「太平興国南禅禅寺」という寺号に改めたのは正安年間(1299 – 1302年)のことという。正中2年(1325年)には夢窓疎石が当寺に住している。建武元年(1334年)、後醍醐天皇は南禅寺を五山の第一としたが、至徳3年(1385年)に足利義満は自らの建立した相国寺を五山の第一とするために南禅寺を「別格」として五山のさらに上に位置づけ、京都五山鎌倉五山に分割した。室町時代には旧仏教勢力の延暦寺や三井寺(園城寺)と対立して政治問題に発展、管領細川頼之が調停に乗り出している。明徳4年(1393年)と文安4年(1447年)に火災に見舞われ、主要伽藍を焼失したがほどなく再建。しかし応仁元年(1467年)、応仁の乱の市街戦で伽藍をことごとく焼失してからは再建も思うにまかせなかった。南禅寺の復興が進んだのは、江戸時代になって慶長10年(1605年)崇伝が入寺してからである。崇伝は徳川家康の側近として外交や寺社政策に携わり、「黒衣の宰相」と呼ばれた政治家でもあった。また、江戸幕府から「僧録」という地位を与えられた。これは日本全国の臨済宗寺院の元締めにあたる役職である。
    勅使門 – 寛永18年(1641年)、御所の日ノ御門を移築したものという。
    南禅寺中門と勅使門

      (wikipedia・南禅寺より)]

    臨済宗大本山 南禅寺ホームページ

    南禅寺境内図(拡大図)

    南禅寺宿坊 – 「南禅の宿 南禅会館

    南禅会館-宿坊 – 宿坊研究会

    南禅寺の宿坊&朝の座禅体験 | Rosemaryのアロマな生活 ..

    南禅寺資料リンク
    都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 南禅寺」、「 巻之三 左青龍再刻 瑞龍山太平興国南禅禅寺 (南禅寺)
    南禅寺(拡大図)

    都林泉名勝図会」・「巻之二 南禅寺方丈 (南禅寺・一枚目)」、「巻之二 南禅寺烏枢沙摩 (南禅寺・二枚目)」、「巻之二 南禅寺解説

    花洛名勝図会」・「東山之部 二 南禅寺総門外松林茶店 (南禅寺の茶店)」、「東山之部 二 其二 (南禅寺)」、「東山之部 二 其三 (南禅寺)」、「東山之部 二 大燈炉之図 (南禅寺)」、「東山之部 二 駒瀧 (南禅寺)」、「東山之部 二 狛僧正霊祠 (南禅寺)」、「東山之部 二 瑞龍山太平興国南禅寺 (南禅寺)解説
    大燈炉之図 (南禅寺)(拡大図)

    [大燈炉之図
    高二丈余軸長五尺六寸、胴廻凡一丈七寸余、台六角、径八尺三寸、土台径一丈一尺余。■シメテ曰、寛永五年九月十五
    日、佐久間大膳亮平勝之寄進之為現当悉地成満也。]

    都名所画譜」・「巻之上 南禅寺

    国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 南禅寺大燈炉

    南禅寺 山門 – Google Map 画像リンク」、「南禅寺 – Google Map 画像リンク

    南禅寺(中門)
    [勅使門の南にある中門は、慶長6年(1601)松井康之より、伏見城松井邸の門を勅使門として寄進されたものです。日の御門の拝領に伴い現地に移建され、幕末までは脇門と呼ばれていました。  (「勅使門 – 南禅寺」より)]

    カメラ東方向が南禅寺中門です。

    カメラ位置は三門前で、カメラ南南西方向が大燈炉(佐久間玄藩の片灯籠)です。