南禅院

マーカーは南禅院です。

南禅院
[南禅院(なんぜんいん)は、京都市左京区にある臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺塔頭である。南禅寺の発祥地といわれている。門前には琵琶湖疏水事業の一環として建設された水路閣が通る。(wikipedia-photo・門前の水路閣)
歴史
亀山天皇離宮時代の「上の宮」跡に創建される。
応仁の乱以後は荒廃していたが,元禄16年(1703年)に桂昌院(徳川5代将軍・徳川綱吉の母)によって再建された。
建造物
●方丈
元禄16年(1703年)に桂昌院によって再建され、内部の襖絵は狩野派によるものである。

●亀山法皇廟所(宮内庁所管)
庭園の東南隅に建つ廟で、亀山法皇の遺言により分骨された遺骨が埋葬されている。wikipedia-photo
庭園
亀山上皇が自ら作庭したと伝わる池泉回遊式庭園で、新緑と紅葉の頃は絶景である。国の史跡および名勝に指定されている。

  (wikipedia・南禅院より)]

南禅院資料リンク
都林泉名勝図会」・巻之二 南禅院巻之二 南禅院解説

南禅院 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向が南禅院勅使門です。

南禅院庭園のカメラです。