天授庵

マーカーは天授庵です。

天授庵
[天授庵(てんじゅあん)は京都市左京区にある臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺塔頭である。暦応2年 (1339) に虎関師錬が南禅寺を開山した無関普門の塔所(墓所)として建立。戦国時代には衰退したが,慶長7年 (1602) に武将で歌人としても知られる細川幽斎により再興された。
建造物
方丈
細川幽斎により再興された柿皮葺屋根の建物で、内部は長谷川等伯筆の障壁画で飾られている。
障壁画(長谷川等伯筆、重要文化財)
●禅宗祖師図 - 禅の教えを表現した禅機図を等伯晩年の簡略化された筆遣いで描いたもので、等伯独特の人物表現が見られる。
●商山四皓図(しょうざんしこうず)- 中国秦末の国難を避けて商山の山中に隠棲した4人の高士が従者を伴い,ロバに乗る姿を描いたもので、大徳寺真珠庵にも同じ画題の障壁画を描いている。
庭園
方丈前庭(東庭)
白砂の庭を苔に縁取られた菱形の畳石が横切る枯山水庭園で、切石を組み合わせた直線的な構成は小堀遠州の発案である。

書院南庭
杉や楓が鬱蒼と茂る池泉回遊式庭園で、明治時代に改修されているが南北朝時代の面影を残す。

  (wikipedia・天授庵)]

[天授庵は南禅寺開山の塔所として創建された。客殿は慶長7年(1602)に細川幽斎の援助で再興された六間取り方丈形式の建物である。平面や細部に中世の伝統的な様式がみられる。室中などの襖障子は長谷川等伯の筆になる。表門も客殿と同時期の建物である  (「京都市指定・登録文化財-建造物」より)]

天授庵 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は天授庵山門で、天授庵書院方丈前庭(東庭)・書院南庭へのストリートビューです。

天授庵内・方丈前庭(東庭)へのストリートビューです。

方丈前庭(東庭)前のストリートビューです。

天授庵書院南庭のストリートビューです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*