総本家 ゆどうふ 奥丹

マーカーは総本家 ゆどうふ 奥丹 南禅寺店です。

総本家 ゆどうふ 奥丹
[現存する最古の湯豆腐料理店が南禅寺京都市左京区)の三門そばにある。江戸初期1635年創業の「総本家ゆどうふ 奥丹」。豆腐の起源は中国で、日本には奈良平安時代に伝わった。江戸時代に入ると、豆腐は庶民の味になる。社寺の門前には精進料理を参拝者に出す店が増え、奥丹も多様な精進料理を出したが、次第に湯豆腐が評判に。江戸後期の「都林泉名勝図会(みやこりんせんめいしょうずえ)」には「名物 南禅寺前 湯菽(とう)腐店」と紹介されている。昭和初期までは精進料理を総合的に出す店はあっても、湯豆腐料理店と名乗ったのは奥丹ぐらいだった。  (「18 湯豆腐 名物への道 – 京都おもしろ宣言-京都新聞」より)]

[江戸時代初期までさかのぼり、西暦1635年、今から約375年前に創業致しました。 創業当時の名前は「奥の丹後屋」でした。精進料理店として古くから皆様にご利用頂いております。先代で十五代目を数え、代々受け継がれる歴史と味や雰囲気を変える事なく受け継がれております。
 当店のこだわりとしまして、まず客間から見える600坪のお庭が有り、季節に合わせて四季折々の美しい姿を見られます。さらにお庭の中に小川が流れていますので、水の流れる音を感じながら、お料理を召し上がって頂ける様になっております。そして当店自慢のお庭の地下には豆腐工房が有り、毎朝当日お出しするお豆腐を職人が真心を込めて丁寧に時間をかけながら、大豆本来の甘みと風味をより強く引き出せる様に造っております。  (「総本家 ゆどうふ 奥丹清水 – 歴史とこだわり」より)]

都林泉名勝図会」・巻之二 南禅寺前湯豆腐店
南禅寺前湯豆腐店(拡大図)

[名物 南禅寺前 湯菽腐店
湯豆腐に独秀峯の雪見哉  嘯山
取かへてちいさき猪口に何膳じ喰てもおぼろの空ねない店  籬嶌]

カメラ北西方向が総本家 ゆどうふ 奥丹 南禅寺店です。(奥丹 南禅寺店 (おくたん) – 蹴上/豆腐料理・湯葉料理 [食べログ])
奥丹 南禅寺店 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が「総本家 ゆどうふ 奥丹清水」(Google Maps)です。(奥丹 清水店 (そうほんけゆどうふ おくたん) – 清水寺その他/[食べログ])
奥丹清水 Okutan Kiyomizu – Google Map 画像リンク

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*