するがや祇園下里

マーカーはするがや祇園下里です。

するがや祇園下里
[京都市東山区祇園末吉町
1818年(文政元年)に「総本家駿河屋」の別家として、暖簾分けして開業した。
明治の初め頃から作り始めた「豆平糖」は、棒状で丹波産の大豆の入った飴で当店を代表する銘菓として知られている。  (wikipedia・駿河屋 – するがや祇園下里より)]

[総本家駿河屋より暖簾分けを得た初代・下里治助が、文政元年(1818)、祇園の現在地に「祇園駿河屋」という屋号で創業。以後、駿河屋の一門として、本家から伝授された「煉羊羹」や生菓子を主として商い、八坂神社の参詣者や地域の人々から、着実に支持を集めることとなる。明治に入り、三代目当主は、八坂神社境内の茶店で売られていた「かんかん糖」にヒントを得て、代表銘菓の「祇園豆平糖」を考案。かんかん糖とは、黒い飴の中に豆が入ったものだが、三代目は、さらに上品な形、後味の良い飴に仕上げるべく、製法や材料に工夫を重ねたという。同じころ、三代目は「するがや祇園下里」という現在の名称に屋号を変更した。また、「豆平糖」と書かれた屋根看板を掲げたのもこの時期である。  (「するがや祇園下里 | 京名物 百味會」より)]

するがや祇園下里 – 祇園四条/和菓子 [食べログ]

カメラ北方向がするがや祇園下里です。

カメラ位置はするがや祇園下里店内です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*