なすあり地蔵

マーカーはなすあり地蔵です。

なすあり地蔵
[「なすあり地蔵」という名前は、この白川に沿った道(白川北通)が平成10年(1998)に前面改修されて、「なすありの径(みち)」と命名されたからですが、もう一つの由来は、昭和29年(1954)に、京都市水道局が花見小路通の水道管工事をした時に、このお地蔵さまが白川の川底から掘り出されたことによります・・・もしかしたら、何百年もの間、水底の土中にあったのかもしれません。
「なすあり」とは、地元有済小学校の「有済」を逆さに読んだもので、中国古代の歴史書「書経」に記されている言葉です。意味は、「耐えて忍べば済す有り(どんな辛い事に対しても、耐え忍んで努力すれば必ず報われる)」ということで、このお地蔵様が何百年もの間、川底の暗闇でじっと耐え、ようやく日の目を見たことを讃えて名付けられたものということです。
水道工事請け負った故中村幸太郎氏は、このお地蔵さまを是非祀りたいと、八坂神社の四若神興会に相談して、 神興会が小さなお堂を建立しました。それから四十余年歳月を経て、京都市がコミュニティ道路として「なすありの径(みち)」を整備した機会に、このお地蔵さまを、地元の皆でお守りしようという声が高まり、「なすあり地蔵」と名付けたということです。
現在も、地元の信者有志は、賽銭や寄付金を積み立てて、いつかより立派なお堂を再建させようと頑張っておられるようです。  (「白川の川底から発見されたお地蔵さま(なすあり地蔵) – 京都を感じる日々 …」より)]

[なすあり地蔵菩薩
このお地蔵さまは「なすありのお地蔵さま」とおよびします。そのいわれはこの道を「なすありの径(みち)」と命名されたからですが。もう一つのいわれは、このお地蔵さまは昭和二十九年に花見小路通りの水道管工事を京都市水道局が行った時、白川の川底からほり出され、この世にお姿を現されました、それまでの何百年の間は暗やみの世界でジットたえしのんでおられました。
「あすなり」とは地元の京都市立有済小学校の有済に因んだ言葉で、中国の書経に記されている言葉です。校歌に「たえてしのべばなすあり」とうたわれ「人間はどんなつらい事に対しても たえしのび努力すれば必ずむくわれ成功する」と言うことです。
この水道工事を請負った故・中村幸太郎さんが、このお地蔵さまをみつけてぜひお祠りしたいと八坂神社のおみこしの四若神輿会に相談され神輿会がお堂を建立され本日に至りました。
時は流れて四十余年この「なすありの径(みち)」が京都市のご厚意でコミュニティ道路に新しく生まれかわったのを機会に、このお地蔵さまも改めてみんなでおもりしようとの声が高まり有志の方々の協力で御名も「なすあり地蔵さま」とおよびする事になりました。
ご信心の心あつき方々のご厚意でいつかの日にお堂の再建もさせて頂きたいと存じます、その節はよろしくお願い申し上げます。
   平成十年八月      信者有志]

なすあり地蔵菩薩 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向祠がなすあり地蔵で、白川に沿った道(白川北通)が「なすありの径(みち)」です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*