一念坂(一年坂)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    一念坂(一年坂)
    [二寧坂から産寧坂方面へ上っていくと、二寧坂の入口に「京乃坂みち一念坂」と書かれた石碑が立っている。産寧坂(三年坂)、二寧坂(二年坂)とくるので一年坂と命名されたのだろうか。しかし、一年坂ではなく「一念坂」と命名されている。 説明によるとここは平成2年(1992)に整備された道で、以前は名も無き道であったようである。坂とは名ばかりで平坦な狭い小路といった感じである。短い道ではあるが、そこは京都東山の道である。京都風情の漂う石畳の散策路になっている。一念坂の出口には、竹内栖鳳邸跡がある。逆から歩けばそこが入口になる。  (「一念坂 – 写真紀行 」より)]

    町並み保全
    [二寧坂一念坂界隈は、大正時代の初期より現在の町並みとなり国の町並み保存地域、京都市の伝統的建物保存地域に指定されています。観光の皆様にも、古い京都らしい町並みを落ち着いた雰囲気で楽しんで頂くために、町並みの保存はもちろんのことながら、加えて、町並みに似合わない広告(看板)の抑制、自動販売機の抑制、個々の店の過度な販売方法の抑制(呼び込み営業の自粛)など自主的な活動を行っています。
    【京の坂道一念坂 題字】 – 京都商工会議所 故 塚本幸一会頭 【平成二年十月設立】  (「京都一念坂・二寧坂について – 二年坂」より)]

    カメラ西方向が一念坂(一年坂)・上です。

    カメラ南南東方向が一念坂(一年坂)・下です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *