五建外良屋

マーカーは五建外良屋です。

五建外良屋
[「外良(ういろ)」は、十四世紀の中頃に中国から清涼剤や不老長生の薬として伝来し、菓子としての「外良」は、形が薬の外良に似ている所から外良餅と呼ばれ、後に菓子として一層の工夫を凝らし今日の「ういろ」となりました。「五建ういろ」は、牛若丸弁慶で有名な五条の地で安政年間、建仁寺六波羅蜜寺清水寺鳥辺野詣の客のため茶店を構えたのが始まりで、五代目の今日に至ります。  (「京都の人気名物和菓子といえば老舗ういろう店の五建外良屋(ういろ)」より)]

[京都では、1855年(安政2年)創業の五建外良屋が「五建ういろ」の製造販売を行っている。また茶席などで提供される主菓子(上生菓子)ではういろう皮を使ったものも多数作られていたり、ういろうの粽も作られている。「水無月」の名前は京都菓子工業組合が商標登録をしている。  (wikipedia・「ういろう_(菓子) – 京都」より)]

五建ういろ本店 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が五建外良屋です。
ame>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*