五条坂・清水新道(茶わん坂)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    五条坂関連リンク – 「五条坂/松原通

    グーグル・アート・プロジェクト – 歴史アーカイブ – 「京都散策・明治初期~大正初期

    五条坂・清水新道(茶わん坂)
    [五条坂・茶わん坂は、東山にある清水焼発祥の地です。弁慶牛若丸が出会ったという五条大橋よりも東を五条坂、東大路通りから清水寺への参道を茶わん坂と呼びます。
    この五条坂・茶わん坂一帯で清水焼が作られるようになったのは、8世紀頃に僧行基が清閑寺村茶碗坂で製陶したことからと伝えられています。また、16〜17世紀頃、茶碗屋久兵衛が五条坂一円で金、赤、青の彩色した陶器を作り、「清水焼」の名を冠したことからともいわれています。清水焼の長い歴史と風土の中で、この地は数多くの名工を輩出してきました。人間国宝近藤悠三記念館や、6代目清水六兵衞以来の家宅なども位置しています。清水寺の境内には、清水焼の祖・野々村仁清と、仁清に師事した尾形乾山(兄は画家の尾形光琳)の顕彰碑が建立され、焼き物の地を静かに見守っています。  (「五条坂・茶わん坂について – 京都清水 五条坂・茶わん坂」より)]

    五条坂資料リンク
    都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 五条坂の陶工
    五条坂の陶工(拡大図)

    [洛東五条坂又粟田口の陶工は安井観勝寺領大日山の土を制してつくる也。ものを煎とき火にかけて損じず、味美なりけり。是風土の寄といひつべし。]

    花洛名勝図会」・「東山之部 七 五条坂陶器店 」、「東山之部 七 五条坂陶器店解説
    五条坂陶器店(拡大図)

    [五条坂陶器店・若宮八幡宮
    此辺両側とも瀬戸物土瓶茶椀の類、或は土木偶など商ふ家数多ありて、諸国へも商ひ荷を送り下すこと日々也。近世名高き陶器師ありて、毎に貴人なども其家に臨みたまひ、殊に大谷清水等の縁日には諸人往来群をなせり。道八がけぶりもいとへ若楓・金令舎道彦
    此辺より松原通、裏に至畑地梅花多し。新梅谷と云ふ]

    カメラ東北東方向が五条坂です。

    カメラ北東方向が五条坂で、十字路右が清水新道(茶わん坂)になります。

    カメラ東方向が清水新道(茶わん坂)です。

    カメラ位置は清水新道(茶わん坂)の中央部で、北北西方向石段を登ると五条坂に出ます。

    カメラ位置は「岡本織物店」前です。

    カメラ位置は清水寺境内前で、カメラ西方向が清水新道(茶わん坂)です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *