元和キリシタン殉教の地碑(六条河原)

マーカーは元和キリシタン殉教の地碑前です。

元和キリシタン殉教の地碑
[江戸幕府キリシタン弾圧は,慶長17(1612)年に始まり,翌年には京都にも波及し,大坂冬の陣(1614)が起こるまで続いた。二回目の弾圧は,元和年間(1615~23)に始まり,元和5(1619)年徳川秀忠(1579~1632)上洛に際し,ますます厳しくなった。秀忠は伏見でキリシタン投獄者のことを知り,老若男女の区別なく火あぶりの刑を命じ,52人が大八車に積み込まれ,六条河原で悲惨な最期を遂げた。これ以後京都ではキリシタンが歴史の表舞台に登場することはなかった。この石標はキリシタン殉教の跡である六条河原を示すものである。  (「HI055 元和キリシタン殉教の地」より)]

六条河原
[六条河原(ろくじょうがわら)は、京都市内を流れる鴨川の河原に存在した刑場。古戦場(六条河原の戦い)。現在の五条通五条大橋)から正面通(正面橋)の辺り。
古くから時の権力者に反抗した政治犯たちが数多く処刑されている。保元の乱における源為義平忠正平治の乱における源義平藤原信頼治承・寿永の乱(源平合戦)では平能宗藤原忠清本能寺の変における斎藤利三関ヶ原の戦いにおける石田三成小西行長安国寺恵瓊大坂の役における長宗我部盛親豊臣国松らをはじめとする豊臣方の残党など、著名な武将や政治家がここで最期を迎えている。処刑後、彼らの首級は全て三条大橋のたもとに晒されている。 なお、平宗盛平清宗親子は近江国で処刑された後、六条河原にて首を晒されている。
なお、六条河原の刑場にて祀られていたと伝えられる「駒止地蔵(首斬地蔵)」が、現在、当地の付近にある蓮光寺で祀られている。この寺の墓地には、六条河原で処刑された長宗我部盛親の墓がある。  (wikipedia・六条河原より)]

カメラ北西方向・植込みの間に元和キリシタン殉教の地碑があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*