元大谷 崇泰院

マーカーは崇泰院です。

崇泰院
[崇泰院は浄土宗総本山知恩院塔頭寺院の一寺院です。
文永9年(1272年)、弘長2年(1262年)に入滅した浄土真宗宗祖親鸞聖人の遺骨は、鳥辺野(とりべの)北辺に葬られましたが、門弟の協力のもと、親鸞聖人の末娘である覚信尼により、「吉水の北の辺」に改葬し、「大谷廟堂」を建立されました。
建治3年(1277年)、そもそもこの敷地は、覚信尼の夫である小野宮禅念の所有でしたが、禅念がこの年に亡くなったため、覚信尼は、敷地を寄進する代わりに、親鸞聖人の遺族が代々、廟堂の管理・護持する「留守職」の地位を手に入れました。
正安4年(1302年)、覚恵(母:覚信尼・父:日野広綱)と唯善(母:覚信尼・父:小野宮禅念)の間に 廟堂の留守職就任問題(唯善事件)が勃発しました。
延慶2年(1309年)、青蓮院により覚恵の長男である覚如(覚恵は論戦中に病死)が継承することと裁定が下され、 敗れた唯善は、本堂を破壊し、影像と遺骨を持って鎌倉へ逃亡しました。その後、同年に、高田顕知上人により影像が刻まれ、遺骨を安置され、応長元年(1321年)に奥州安積の法智上人により 本堂が建立され復旧されました。
元亨元年(1321年)、覚如が寺院化を試み、「本願寺」と号し成立しました。
応永22年(1415年)、存如の長男・蓮如(幼名・布袋丸)誕生しました。当時の本願寺は、本堂は三間四方の質素なものであり、「人跡たえて、参詣の人ひとりもなく、さびさびとしておわす(本願寺跡書)」と伝えられています。
寛正6年(1465年)、八世法主となった蓮如上人の精力的な布教活動により、本願寺(大谷本願寺)は急速に勢力を拡大していくが、比叡山衆徒の反感が強くなり、正月と三月の二度に渡り、襲撃を受け、破却されました(寛正の法難)。この法難に遭うまでの約200年間「本願寺」はこの地にありました。法難後は、井上願知によって堂宇が建立され「大谷道場」と称されました。
慶長8年(1603年)に徳川家康は、母(於大の方、傳通院殿)を弔いのために、浄土宗総本山知恩院の再興の大工事『知恩院慶長の恢弘』を行いました。その時、家康の命を受けて、知恩院再建普請奉行として従事していた竹村丹後守九兵衛道清により崇泰院は建立されました。 そのため、寺号は、竹村道清のお戒名『崇泰院殿勝譽道清居士』より崇泰院となりました。
 明治以降は、無住(住職がいない状態)となったこともあり、本堂は修理できない程大破した状態となりましたが、本山より 4名の再建公認役(津留眞孝、笹井教道、松村恩定、國子順戒)が任命され、明治31年(1898年)に庫裡が再建され、明治34年(1901年)に本堂が再建されました。  (「元大谷 崇泰院ホームページ – 歴史」より)]

親鸞上人旧御廟所・本願寺発祥地・蓮如上人御誕生地
[弘長2(1262)年に没した親鸞(1173~1262)は,鳥辺野北の大谷に葬られ,末娘の覚信尼(1224~83)が文永9(1272)年に現在の知恩院三門北の崇泰院あたりに廟堂を営み,遺骨を安置した。その堂は内紛のため破壊されたが,三世覚如(1270~1351)が再建し専修寺と号し,さらに本願寺と改称した。廟堂は江戸時代初頭東山五条坂西大谷に移った。親鸞の廟所を建てたのが本願寺の発祥である。蓮如(1415~99)は本願寺8代門主で,前門主存如の長男として大谷廟堂の地崇泰院あたりに誕生した。この石標は,親鸞の廟所・本願寺発祥地・蓮如誕生地を示すものである。
所在地 東山区林下町(崇泰院前)
位置座標 北緯35度00分22.1秒/東経135度46分54.9秒(世界測地系)
建立年
建立者
寸 法 高75×幅83×奥行11cm
碑 文
[西]
本願寺発祥之地
蓮如上人御誕生之地
親鸞上人旧御廟所
元大谷崇泰院
調 査 2002年4月4日  (「HI038 大谷本願寺故地 – 京都市」より)]

カメラ東南東方向が崇泰院山門で、山門前左に親鸞上人旧御廟所・本願寺発祥地・蓮如上人御誕生地碑があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*