六波羅蜜寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    六波羅蜜寺
    [踊り念仏で知られる市聖(いちひじり)空也(くうや)が平安時代中期の天暦5年(951年)に造立した十一面観音を本尊とする道場に由来し、当初西光寺と称した。空也は疫病の蔓延(まんえん)する当時の京都で、この観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、病人に茶をふるまって多くの人を救ったという。空也は応和3年(963年)に鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行ったが、この時をもって西光寺の創建とする説もある。当時、鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場であった。空也の死後、977年に比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。それ以降天台宗に属したが、桃山時代に真言宗智積院の末寺となった。平安時代末にはこの付近に、六波羅殿と呼ばれた平清盛平家一門の屋敷が営まれた。またのちに鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこの付近である。名称は仏教の教義「六波羅蜜」という語に由来するが、この地を古来「六原」と称したことに由来するとも考えられている。 なお、六波羅密寺とする表記が古今多く見られるが、誤字である。
    伽藍
    江戸時代までは大伽藍を連ねたが、明治維新廃仏毀釈を受けて大幅に寺域を縮小した。現在、寺の周囲は民家に囲まれて境内は狭く、主な建物は本堂(南北朝時代、重文)と弁財天堂、宝物収蔵庫のみである。
    本堂は、外陣を板敷きとし、蔀戸で仕切られた内陣を一段低い四半敷き土間とする天台式建築で貞治2年(1363年)の再建である。
    本堂(重要文化財)正面・wikipedia-photo、弁財天堂・wikipedia-photo
    文化財
    国宝の本尊像以外にも、空也上人像、伝・平清盛像、運慶の真作と見なされる地蔵菩薩坐像など日本彫刻史上著名な仏像、肖像を有する。本尊以外の諸仏は宝物収蔵庫(公開)に安置されている。
    国宝
    ●木造十一面観音立像 – 平安時代。10世紀頃の作風を示し、伝承のとおり、951年に空也が創建した西光寺の本尊像であると思われる。本堂中央の厨子に安置され、12年に一度辰年にのみ開帳される秘仏である。像高258cmの巨像でありながら、頭・体の根幹部を一材から彫り出す一木造とする。表情は温和であり、平安前期彫刻から平安後期の和様彫刻に至る過渡期を代表する作例である。歴史的にも重要な作例として1999年、国宝に指定された。
    十一面観音立像と本堂(重要文化財)(写真の像は木造十一面観音立像のレプリカと思われます。)

    重要文化財
    ●木造空也上人立像 – 鎌倉時代、運慶の四男・康勝の作。僧侶の肖像彫刻は坐像に表すものが多いが、本像はわらじ履きで歩く空也の姿を表している。疫病が蔓延していた京の街中を、空也が鉦(かね)を鳴らし、念仏を唱えながら悪疫退散を祈りつつ歩くさまを迫真の描写力で表現している。空也は首から鉦を下げ、右手には鉦を叩くための撞木(しゅもく)、左手には鹿の角のついた杖をもっている。空也の口からは6体の阿弥陀仏の小像が吐き出されている。6体の阿弥陀仏は「南無阿弥陀仏」の6字を象徴し、念仏を唱えるさまを視覚的に表現している。六体の小像は針金でつながっている。
    空也上人像

    ●木造僧形坐像(伝・平清盛像) – 鎌倉時代。平清盛とされる経を持った僧形の像である。
    ●木造地蔵菩薩坐像 – 鎌倉時代。銘文はないが、寺伝、作風等から運慶作とされる像。運慶一族の菩提寺である地蔵十輪院から移されたとする伝承がある。理知的でさわやかな表情、切れ味するどい衣文などから運慶作とする説がある。
    地蔵菩薩坐像(伝運慶作)・wikipedia-photo

    ●木造伝・運慶坐像、伝・湛慶坐像 – 鎌倉時代。日本仏像彫刻史上もっとも有名な仏師親子の肖像彫刻とされている。精悍な伝・湛慶像と、老いてまだまだ盛んな巨匠といった風貌の伝・運慶像とそれぞれの個性が表現されている。前記の地蔵菩薩坐像とともに地蔵十輪院に伝わった。
    「伝・運慶像」・wikipedia-photo

    ●木造四天王立像 – 平安時代。本尊の十一面観音像とともに、空也による創建期の遺作である。宝物収蔵庫には4体のうちの持国天像と増長天像が安置され、残りの広目天像と多聞天像は京都国立博物館に寄託されている。4体のうち、増長天像のみは鎌倉時代の補作である。
    ●木造薬師如来坐像 – 平安時代。天台様式がみられ、中信による中興時の像と考えられる。
    ●木造地蔵菩薩立像 – 平安時代。六波羅地蔵堂に安置されていた。左手に頭髪を持ち、鬘掛(かつらかけ)地蔵と呼ばれ信仰されている。『今昔物語集』にもこの像に関する説話が取り上げられるなど、古来著名な像である。
    ●木造弘法大師坐像 – 鎌倉時代。快慶の弟子長快 (仏師)の作
    ●木造閻魔王坐像 – 鎌倉時代
    ●木造吉祥天立像 – 鎌倉時代  (wikipedia・六波羅蜜寺より)]

    開山の空也上人
    [第60代醍醐天皇の皇子で、若くして五畿七道を巡り苦修練行、尾張国分寺で出家し、空也と称す。再び諸国を遍歴し、名山を訪ね、錬行を重ねると共に一切経をひもとき、教義の奥義を極める。天暦2年(948)叡山座主延勝より大乗戒を授かり光勝の称号を受けた。森羅万象に生命を感じ、ただ南無阿弥陀仏を称え、今日ある事を喜び、歓喜躍踊しつつ念仏を唱えた。上人は常に市民の中にあって伝道に励んだので、人々は親しみを込めて「市の聖」と呼び慣わした。
    上人が鞍馬山に閑居後、常々心の友としてその鳴声を愛した鹿を、定盛なる猟師が射殺したと知り、大変悲しんでその皮と角を請い受け、皮をかわごろもとし、角を杖頭につけて生涯我が身から離さなかったという。定盛も自らの殺生を悔いて上人の弟子となり、(ひさご)をたたき、法曲を唱し、寒い夜もいとわず京中を巡行して衆生の能化につとめた。定盛は上人の遺風を伝えて茶筌を作り、これを世に広め、子孫は有髪の姿に黒衣をまとって踊り、念仏しながら瓢をたたいて市中を徘徊した。これが今六斎念仏として伝わっている。当山の空也踊躍念仏はさらにその源流である。  (「寺史 – 六波羅蜜寺」より)]

    六波羅蜜寺ホームページ

    都名所図会」・「巻之二 平安城再刻 六道珍皇寺 (珍皇寺)・六波羅密寺」、「巻之二 平安城再刻 普陀洛山六波羅密寺 (六波羅密寺)解説
    六道珍皇寺 (珍皇寺)・六波羅密寺(拡大図)

    [図会左ページに六波羅密寺、右ページに六道珍皇寺が描かれています。]

    拾遺都名所図会」・「巻之一 平安城 魂まつり (魂祭)
    魂まつり (魂祭)(拡大図)

    [こちらからいはせてばかり魂まつり 加賀千代
    六斎念仏は毎歳七月十五日に在郷よりおのおの組を立て都の町々に出、盂蘭盆会魂祭の馳走に家々の所望により行ひける。近年はおどけ狂言をまじへて衆人の目を悦ばしむるも、三仏乗の因となる便りならんと。]

    花洛名勝図会」・「東山之部 五 六波羅蜜寺」、「東山之部 五 六波羅蜜寺解説
    六波羅蜜寺(拡大図)

    [六波羅蜜寺
    漫々トシテ苦海濶シ幸ニ津梁ノ存スル有リ彼岸何ゾ到リ難カラン膽礼二尊ニ属ス・釈體阿
    いにしへ当寺の本尊観音地蔵同座の事、熊野の謡曲に見えたり。又同謡に北斗の星の曇なきと有は、是より東の方二三町計に、高燈籠を柱に掛て北辰を祭り、城南淀河廻船の目当に毎夜常燈をかがやかせしが、応仁の兵火に亡び、其燈籠の埋れたりしを、一年金森宗和侯上京の時、寺僧に乞て東武へ携かへり奇物とし弄び給ふが、今も芝の邸中に遺れりとぞ]

    補陀落山 六波羅蜜寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ南西方向が六波羅蜜寺です。

    六波羅蜜寺のストリートビューで、カメラ北西方向が六波羅蜜寺で、カメラ西南西方向が福寿弁財天堂です。

    本堂内のストリートビューです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *