円山公園

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    グーグル・アート・プロジェクト – 歴史アーカイブ – 「京都散策・明治初期~大正初期

    円山公園
    [円山公園(まるやまこうえん)は、京都府京都市東山区にある公園。国の名勝に指定されている。園域は八坂神社知恩院に隣接する。圓山公園とも表記される。「祇園枝垂桜」に代表される桜の名所である。
    明治維新までは八坂神社(当時は祇園感神院)や円山安養寺の境内の一部。明治初年の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって土地が政府に没収され、明治19年(1886年)に総面積約9万平方メートルの公園が設けられた。明治20年(1987年)には京都市へ移管され京都市初の都市公園となった。園地計画は武田五一がまとめた。人工鉱泉療養所や貸席がたちならび歓楽境をなしていたが、火災で焼失したあと大正元年(1912年)に小川治兵衛により池泉回遊式の日本庭園が作庭され現在の形となった。昭和2年(1937年)に開堂した円山公園音楽堂は約3,000人を収容可能な屋外ホールとして利用されている。料亭や茶店、坂本龍馬中岡慎太郎の銅像などもある。雙林寺西行庵(さいぎょうあん)芭蕉庵、などの旧跡も多い。過去には乗馬場もあったが現在は廃止されている。円山公園の枝垂桜は「一重白彼岸枝垂桜」(ひとえしろひがんしだれざくら)という品種で、初代の枝垂桜は昭和22年(1947年)に枯死したため、現在は2代目が植えられている。花見のシーズンにはライトアップが行われ、深夜でも花見客の姿が見られる。しかし、カラスが生ゴミを狙って枝垂桜の枝に止まるため小枝が折れたり、糞害によってダメージを受け花の咲かない枝が生じることが問題となっており、「京都新聞」にも掲載された。なお、二条駅前(千本通側)に植えられている枝垂桜は円山公園の枝垂桜3代目である。
    円山公園の祇園しだれ桜・wikipedia-photo

    ひょうたん池と石橋・wikipedia-photo

    小川に架かる石橋・wikipedia-photo

    ひょうたん池・wikipedia-photo

      (wikipedia-円山公園_(京都府)より)]

    円山公園 祇園枝垂桜 – WATARIGRAPHIC 」、「円山公園 桜

    円山公園資料リンク
    都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 祇園の花見」 (図会の解釈お勧めサイト)
    祇園の花見(拡大図)

    [新古今 桜さく遠山鳥のしだりおのながながし日もあかぬ色かな 太上天皇
    それ桜は本朝風土の名産なり。其種類凡六十九品ありとぞ。殊に洛東の地勢温純にして、桜樹相応し、清香他境に勝るるなり。中華には桜樹いまだある事をきかず。むかしより桜花の詩賦なし。是其証なり。桜桃の桜の字をきりて桜の文字とす。今清朝の人長崎往来に桜の実を携て本国にかへり、実生しところどころに鉢植などして賞美するよし聞ゆ。]

    都名所画譜」・「巻之下 祇園垂縹桜 (円山公園)

    カメラ位置は円山公園中央で、カメラ南西方向が円山公園の枝垂桜です。

    円山公園・ライトアップ枝垂桜のカメラです。

    円山公園・ひょうたん池に架かる石橋上のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *