南明院

マーカーは南明院です。

南明院
[東福寺南明院の牡丹と旭姫(朝日姫)の墓
東福寺塔頭の南明院は、東福寺の六波羅門から南に向って歩いていくと、重森三玲による波心庭で知られる光明院の南となりにあります。南明院の山門の前に、「徳川家康公正室 旭姫の墓 在」と書かれた石柱が立っています。自動車用の入口から境内に入ると、突き当たりの石段を上がったところに墓地があり、ここに徳川家康の正室であった旭姫の墓があります。古びた五輪塔には、「天正十八年」の文字を読みとることができます。長い歳月の経過により石の表面の風化が進んでいます。南明院は境内の庭木もいつもきれいにしておられ、とりわけ早春のしだれ梅がきれいですが、牡丹もよく咲いていました。  (「東福寺南明院の牡丹と旭姫の墓」より)]

徳川家康公正室旭姫墓【道標】
[所在地 東山区本町十五丁目(東福寺南明院前)
位置座標 北緯34度58分22.8秒/東経135度46分23.8秒(世界測地系)
建立年
建立者 檀信徒一同
寸 法 高124×幅25×奥行18cm
碑 文
[西]
徳川家康公正室旭姫墓 在院
[東]
山門落慶紀念檀信徒一同
調 査 2003年12月5日  (「HI114 徳川家康公正室旭姫墓【道標】 – 京都市」より)]

南明院資料リンク
都林泉名勝図会」・巻之三 南明院巻之三 南明院解説

南明院 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が南明院山門で、山門左に徳川家康公正室旭姫墓【道標】があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*