古川町商店街

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    古川町商店街
    [『京都坊目誌』によれば天正安土桃山時代)以前より若狭街道(通称:鯖街道)として南北に通っており、長い間廃道のまま田畑にされておりましたが、寛文6年(1666年)に復旧され古川町通りとなり、同時に町地に編入され青蓮院領粟田新町13組に属しました。町名の由来は、近くを流れる白川の旧流水路または畑地の字地名によるといわれています。現在も小さな町地が密集しており、通りの中心部に古川町があり、北に分木町・八軒町・南西海子町、南に唐戸鼻町・稲荷町があります。
    文化年間(1804~1817年)以降においては附近に人家が密集して市街地化が急速に進むことになりますが、古くは宝暦12年(1762年)の『京町鑑』によりますと、「古川町通り是古の若狭街道也。此通り三条より知恩院、古門前まで凡五町程の間」と記されております。現在の商店街北入口と交差する三条通はかつての東海道であり、京都の表玄関として交通の要点で、知恩院、八坂神社清水寺への参道として人の往来が盛んでした。知恩院門前町として東は大津山科、北は北白川、八瀬、鞍馬方面よりの来客があり、繁盛を極めました。
    主に食料品、日用必需品をあきない、明治以降も同様に繁盛を来しましたが、周辺居住地域の開発と共に次第に商圏は狭まれました。
    戦後、昭和25年早々に古川町朝日会として発足し、翌29年に京都商店連盟に加入、昭和38年に簡易アーケードを建設、昭和39年に商店街振興組合に法人化、昭和47年には本格アーケードを建設、昭和56年に統一看板を設置、南北約300メートルの通りの中に約50軒もの店舗が立ち並ぶ商店街となり、以降も商店街の整備、近代化に努力し、店舗数は減少しましたが現在に至っております。  (「古川町商店街の歴史 | 京都市東山区で、東の錦と言われ、観光」より)]

    [三条通にある地下鉄東西線東山駅付近から、古川町橋(一本橋)付近まで延びる路地裏にあるような商店街。ふと立ち寄った路地裏なんですけど・・・。
    こんなところに昭和の雰囲気漂うレトロな商店街「古川町商店街」があるなんて知りませんでしたよ~。こんなレトロ感漂う商店街を歩くのは、ワクワクしてきます。なんか宝探しをしているようで。古川町商店街を歩いていると・・・。なっなんとゲストハウス・旅館といったお宿が商店街の中にあるじゃあ~りませんか。お宿もいいところにあるもんですよね~ この古川町商店街は、アーケードがあり祇園や河原町といったエリアまでも、歩いて行ける距離なので理にかなったところなんですよ。たまにはこういった町家造のお宿で泊まるのもいいかもしれませんね。
    小さなアーケード内には、和菓子屋さんやお惣菜屋さんなどといった昔ながらの商店が並びます。  (「昭和の雰囲気漂うレトロな商店街-京都府京都市東山区:古川町」より)]

    古川町商店街 Furukawacho Shopping Arcade – Google Map 画像リンク

    カメラ南方向が古川町商店街北端・三条口で、入口左が「野菜と果物 島田食料品店」です。

    カメラ西方向が「本かしわ 鳥寿」です。
    鳥寿 – Google Map 画像リンク

    カメラ東方向が「三条井筒屋」で、カメラ西北西方向が「町家旅館 桜香楽」です。
    京都三條井筒屋 – Google Map 画像リンク」「Sakara Kyoto 桜香楽 – Google Map 画像リンク

    カメラ西北西方向は「一棟貸切り町家ステイ 小町家」です。小町家は「小町家 – 京都を彩る建物や庭園」に選定されています。
    小町家 Komachiya – Google Map 画像リンク

    カメラ北東方向が食品販売の「阪本商店」です。坂本商店は「坂本商店 – 京都を彩る建物や庭園」に選定されています。

    カメラ西北西方向が寛政8年(1796)開業で建物が「オダ薬局 – 京都を彩る建物や庭園」に選定されている「オダ薬局」です。
    漢方薬 織田自然堂薬局 – Google Map 画像リンク