三十三間堂

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    三十三間堂
    [この地には、もともと後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿があった。その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。創建当時は五重塔なども建つ本格的な寺院であったが、建長元年(1249年)の火災で焼失した。文永3年(1266年)に本堂のみが再建されている。現在「三十三間堂」と称される堂がそれであり、当時は朱塗りの外装で、内装も極彩色で飾られていたという。建築様式は和様に属する。「三十三間堂」の名称は、間面記法による表記「三十三間四面」に由来する。「33」は観音に縁のある数字で、『法華経』等に観音菩薩が33種の姿に変じて衆生を救うと説かれることによる。江戸時代には各藩の弓術家により本堂西軒下(長さ約121m)で矢を射る「通し矢」の舞台となった。その伝統に因み、現在は「楊枝のお加持」大法要と同日(1月中旬)に、本堂西側の射程60mの特設射場で矢を射る「三十三間堂大的全国大会」が行われる。弓道をたしなむ新成人参加者が振袖袴姿で行射する場面は、しばしばニュース番組等で取り上げられる。一般的には「通し矢」と呼ばれているが、60mは弓道競技の「遠的」の射程であり、かつての通し矢とは似て非なるものである。(江戸時代の三十三間堂(18世紀後半、歌川豊春画)・wikipedia-photo,現在の三十三間堂での通し矢・wikipedia-photo)
    三十三間堂の名称は、本堂が間面記法で「三十三間四面」となることに由来する。これは桁行三十三間の周囲四面に一間のを巡らせたという意味である。つまり柱間が33あるのは本堂の内陣(母屋)で、建物外部から見る柱間は35ある。ここで言う「間」(けん)は長さの単位ではなく、社寺建築の柱間の数を表す建築用語である。三十三間堂の柱間は一定ではなくその柱間も今日柱間として使われる京間・中京間・田舎間のどれにも該当しない。
    伽藍
    本堂(国宝) – 鎌倉時代入母屋造瓦葺き 本堂(国宝、北東より)・wikipedia-photo、本堂(南面)・wikipedia-photo、本堂(北面)・wikipedia-photo
    江戸時代の三十三間堂(18世紀後半、歌川豊春画)。

      (wikipedia・三十三間堂より)]

    Google Earth で街並散歩(日本編) の三十三間堂(蓮華王院)南大門、築地塀へリンク

    0575三十三間堂(蓮華王院)(Sanjusangendo/Rengeouin …

    三十三間堂資料リンク
    都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 蓮華王院三十三間堂 (三十三間堂)」、「巻之三 左青龍再刻 蓮華王院三十三間堂 (三十三間堂)解説
    蓮華王院三十三間堂 (三十三間堂)(拡大図)

    都林泉名勝図会」・「巻之三 蓮華王院 (三十三間堂)」、「巻之三 蓮華王院 (三十三間堂)解説

    花洛名勝図会」・「東山之部 七 蓮華王院 (三十三間堂・一枚目)」、「東山之部 七  三十三間堂(二枚目)」、「東山之部 八 三十三間堂(三枚目)」、「東山之部 七 蓮華王院 (三十三間堂)解説
    三十三間堂(二枚目)(拡大図)

    [三十三間堂・後堂射前之所
    弓ハ勁シ八千八筋ノ夜堂ハ長シ三十三間ノ秋・銅脈]

    年中行事大成. 巻之1-4 / 速水春暁斎 画図」・「洛東 三十三間堂 大矢数之図」(5-22)、「洛東 三十三間堂 大矢数之図其二」(5-23)、解説-1・左ページ(5-25)、解説-2(5-27)

    国立国会図書館デジタル化資料 – 浪花百景付都名所」 – 「都名所之内 三十三間堂後堂之図

    蓮華王院 三十三間堂 – Google Map 画像リンク」、「蓮華王院 三十三間堂 本坊 妙法院門跡 – Google Map 画像リンク」、「久勢大明神 – Google Map 画像リンク

    カメラ西方向が三十三間堂東大門です。

    三十三間堂玄関前のカメラです。

    三十三間堂手水舎前の360citiesです。

    三十三間堂玄関前の360citiesです。

    三十三間堂南東側からのカメラです。

    三十三間堂西側のカメラです。

    三十三間堂写経奉納塔前の360citiesです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *