壹銭洋食

マーカーは壹銭洋食です。

壹銭洋食
[京都の祗園で今も愛していただいています壹錢洋食。そもそも壹錢洋食とは、大正から昭和の初めころ、駄菓子屋のおばさんたちがおダシ入の水で溶いた小麦粉を鉄板で焼いた上に、刻んだおネギなどを乗せてさらに焼き上げ、ソースをかけて、主には近所の子どもたちのおやつとして一銭で販売されていたものです。いわばお好み焼きの前身であり粉モノの元祖にあたるものですが、当時はソースをかければみんな洋食と考えられていた時代ですから、一銭で買える洋食すなわち「いっせんようしょく」と呼ばれ、多くのこどもたちに親しまれていました。当用漢字では一銭洋食となりますが当店では、名前とお店の雰囲気は温故の精神、お味とサービスは知新の精神で、誕生当時の「壹錢洋食」を伝統的な表記として用いさせていただいております。  (「壹銭洋食ホームページより)]

壹銭洋食 (壹錢洋食 イッセンヨウショク) – 祇園四条/お好み焼き…[食べログ]

壹錢洋食 祗園本店 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が壹銭洋食です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*