天得院

マーカーは天得院です。

天得院関連リンク – 東福寺(三門、本堂、方丈、禅堂、東司、浴室)東福寺(通天橋)東福寺(常楽庵)東福寺(月下門)東福寺(偃月橋)東福寺(龍吟庵)即宗院

天得院
[天得院は、万松山と号し、南北朝時代正平年間(1346~1370年)に、東福寺第30世住持 無夢一清(むむいっせい)禅師が開創した東福寺五塔頭のひとつです。その後は、衰微していましたが、中興 大機慧雄(だいきえゆう)禅師により再興されました。慶長19年(1614年)に東福寺第227世 文英清韓(ぶんえいせいかん)長老が住菴となり、豊臣秀吉豊臣秀頼の五山の学僧として手厚い扱いを受けていました。そして、秀頼の請に応じ、方広寺の鐘銘を撰文することになりました。この鐘銘中に「国家安康君臣豊楽」の文字があり、徳川家康を引き裂き豊臣家の繁栄を願うものとして家康に難詰され、天得院は取り壊されました。
堂宇は、その後、天明9年(1789年)に再建され、明治元年(1868年)には、山内の塔頭、本成寺を合併し、現在に至っています。現在墓地には、普円国師無縫塔をはじめ、文英清韓長老、東福寺242世南宗祖辰和尚等の墓も現存しています。桃山時代に作庭されたとされる庭園は、昭和43年中根金作師の指導により一部補修され、現在に至っています。びっしりと杉苔に覆われた枯山水の庭に、凜と咲く桔梗の青や白の花が美しく、桔梗の寺として知られるようになりました。  (「桔梗の寺 天得院ホームページ」より)]

[京都を彩る建物や庭園
選定番号
 第5-032号   
推薦理由(抜粋)
 正平年間創建の東福寺の塔頭。方広寺鐘銘事件により取り壊され,天明9年(1789)に再建された。本堂は,江戸中期に移築したものである。桃山時代の作庭とされる杉苔に覆われた庭には,桔梗の花が美しい。  (「27.天得院 – 京都を彩る建物や庭園 京都市文化市民局」より)]

天得院公式ホームページ

天得院 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が天得院山門です。

天得院の庭園のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*