妙見堂

マーカーは妙見堂です。

妙見堂
[鳥辺山(とりのべやま)の妙見堂(みょうけんどう)、正式名称は智積院(ちしゃくいん)、日蓮宗本尊妙見大菩薩。当初は浄土宗観音寺であったが、1721年、日體上人により日蓮宗に改宗した。日蓮宗通妙寺の別所。  (「ZauCatsの絶景かな!「京都そぞろ歩き」 – 鳥辺山・妙見堂」より)]

[本寿寺からさらに坂道を上っていくと妙見堂の鳥居が見えてきます。境内に入ると何がどうなっているのかわからないほど、桜の花が咲き乱れています。それほど広くない境内に所狭しと植えられた数本の桜が、薄いピンク色の空間を作り出していますね。また、妙見堂には、舞台づくりの絵馬堂があり、そこから京都市街を一望できます。まるで、プチ清水の舞台ですね。ベンチも置かれているので、坂道を上ってきた疲れを取るために休憩すると良いですよ。  (「清水寺に行く前に立ち寄りたい3つの桜の名所 » 京都観光旅行のあれこれ」より)]

妙見堂資料リンク
花洛名勝図会」・ 「東山之部 七 妙見堂」(7-15)、「東山之部 七 妙見堂解説」(左ページ8行目から」
妙見堂(拡大図)

[其二・妙見堂
鳥辺野の妙見宮に通夜しけるかた・夜もすがらねぐらさだめて鳥辺のの星のめぐみや誰いのらなん・正種]

カメラ北方向が妙見堂です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*