宝徳寺

マーカーは宝徳寺です。

宝徳寺
[安土桃山時代慶長3年(1598)、成就院九代の玉圓上人により創建。清水寺の賑やかな参道・清水坂にあるお寺で、本尊は、聖徳太子が42歳の時に厄除け守護仏として彫った阿弥陀如来像。  (「宝徳寺 (京都) – 何気ない風景とひとり言 – Goo ブログ」より)]

寶徳寺 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が宝徳寺です。(カメラは「清水人形高橋」のストリートビューを使わせていただいています。)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*