宝樹寺

マーカーは宝樹寺です。

宝樹寺
[清涼山に号する浄土宗西山禅林寺派の寺である。むかし、この地の北辺に一ノ橋と呼ばれる橋が架かっていたことから橋詰堂とも呼ばれていたと伝えられている。宝永3年(1706)僧聖空によって中興され、寺名を寶樹寺と改められ、現在に至っている。本堂には、本尊阿弥陀如来立像及び薬師如来座像を安置している。この薬師如来座像は、俗に「子そだて常盤薬師」と呼ばれ、常盤御前が、今若(阿野全成)、乙若(義円)、牛若(源義経)の3児の生長を祈願した像と伝えられている。また、境内には、「常盤御前雪除けの松」と呼ばれる残株があり、常盤御前が大和国奈良県)へ逃れる際、この地の老松の下で、しばし雪の降るのを避けたと伝えられている。東山区本町11丁目  (「京都観光Navi:宝樹寺 – 京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi」より)]

清凉山寶樹寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が宝樹寺山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*