尊勝院(元三大師)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    尊勝院(元三大師)
    [京都市東山区粟田口(アワタグチ)三条坊町、粟田神社近くの粟田口から東山トレイルコースを幾分か進んだ山の中腹にあります。京洛三庚申の1つ。粟田の庚申堂
    案内板より由緒
    『尊勝院は青蓮院天台宗に属する寺院で、保延[ホウエン]年間(1135~41)に陽範[ヨウハン]阿闍梨[アジャリ、アザリ]が比叡山横川[ヨカワ]に尊勝坊を開創したことに始まり、その後青蓮院[ショウレンイン]三条白川坊の裏に移されたと伝えられる。また応仁の乱により荒廃したが、文禄[ブンロク]年間(1592~96)に豊臣秀吉によって本堂が再建されたという。江戸時代には、本堂は元三大師[ガンザンダイシ/良源]を本尊として南面して建っていたことから、南面大師堂あるいは元三大師堂とも呼ばれていた。大正4年に寺地が現在地へ移転されたが、その際には本堂のみが移された。』  (「徒然~時々神社とお寺巡り~ – 尊勝院」より)]

    金蔵寺御猿堂
    [東三条金蔵寺御猿堂(とうさんでうこんざうじおさるだう) は青蓮院御門跡の院内なり。三猿の像は伝教大師の作。当寺の本尊は米地蔵と号す。伝教大師唐土より将来し給ふとなり。むかし貧女ありて、常にこの等像を崇敬する事、年あり。菩薩これを感応し給ひて、粮乏しき時は米袋を持ち来って夢中にあたへ給へり。故に永々貧窮をまぬかる。これによって米地蔵と号するなり。尊勝院は南の丘にあり。本尊は元三大師の坐像にして、自作なり。  (「都名所図会 – 東三条金蔵寺御猿堂」より)]

    尊勝院 – 元三大師 | 天台宗 青蓮院門跡ホームページ

    資料リンク
    都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 御猿堂」、「巻之三 左青龍再刻 御猿堂解説
    御猿堂(拡大図)

    [図会右ページ中央右に尊勝院(元三大師)、その下に御猿堂(金蔵寺)、左ページ右上に牛頭天王(天王社・粟田神社)、そこの左下に仏光寺廟所、その左上に親鸞聖人植髪尊像(華頂山御堂・知恩院)が描かれています。]

    花洛名勝図会」・「東山之部 二 粟田天王社 」(図会の左下に白川橋が、左ページ上に粟田神社が、右ページ上に尊勝院・元三太師、中に金蔵寺・御猿堂が描かれている。)、「東山之部 二 尊勝院解説」、「東山之部 二 金蔵寺 (御猿堂)解説

    尊勝院 – Google Map 画像リンク

    カメラ東方向に尊勝院 庚申堂参道石碑があります。

    カメラ南東方向に元三大師石碑があります。

    尊勝院(元三大師)境内のカメラです。

    尊勝院(元三大師)本堂前のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *