小川亭跡の碑

マーカーは小川亭跡の碑です。

小川亭跡
[小川亭は,肥後藩御用達「魚卯」の未亡人ていと姑りせが共に開いた旅館。幕末肥後藩士ほか勤王の志士たちに利用され,二人は志士の面倒をよく見たという。大正9(1920)年に廃業し,家屋は第2次世界大戦時の強制疎開で取り壊された。この石標は小川亭の跡を示すものである。
所在地 東山区縄手通若松下る西側
建立年 1987年
建立者
寸 法 高131×幅20×奥行20cm
碑 文
    [北]
    維新
     小川亭之跡
    史蹟
    [西]
    昭和六十二年五月
調 査 2002年2月19日  (「HI029 小川亭跡 – 京都市」より)]

カメラ南西方向・植え込み角に小川亭跡の碑があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*