平氏六波羅第・六波羅探題府址碑(平治の乱)

マーカーは平氏六波羅第・六波羅探題府址碑です。

平氏六波羅第・六波羅探題府址碑(へいしろくはらてい・ろくはらたんだいふあと)
[六波羅第は平氏がこの地に営んだ邸宅。一帯に一族郎党の邸宅があった。寿永2(1183)年平氏の都落ちで火を放たれ,平氏滅亡後は源頼朝(1147~99)が接収し京の宿所とした。承久の乱(1221)後,鎌倉幕府京都守護を廃し,六波羅に南北二所の政庁を設けた。このうち北方が平氏の六波羅第にあたる。六波羅探題の称は南北朝以降のものである。元弘3(1333)年の足利尊氏(1305~58)の攻撃による焼亡で鎌倉幕府と共に消滅した。この石標は,平氏六波羅第・鎌倉幕府六波羅探題の跡を示すものである。
所在地 東山区六原通松原下る西側(六波羅蜜寺内)
位置座標 北緯34度59分49.0秒/東経135度46分24.5秒(世界測地系)
建立年 1915年
建立者 京都市教育会
寸 法 高88×幅18×奥行18cm
碑 文
[西]
平氏六波羅第【以下埋没】
此附近
六波羅探題府【以下埋没】
[北]
今出川千本
寄附者 田中【以下埋没「富子」カ】
[東]
大正四年十一月建之 京都市【以下埋没「教育会」カ】
調 査 2011年6月10日
備 考 この碑は2011年に現在地である六波羅蜜寺に移された/旧データはここ/寄附者田中富子(1852~1924)は千本今出川交叉点西北の田中政呉服店田中政七夫人/田中新史「京都・大正大礼建碑と祖」『土筆』11号(2014年土筆舎刊)参照/上から約40cmのところに切断痕がある  (「平氏六波羅第・六波羅探題府址HI033」より)]

六波羅探題
[六波羅探題(ろくはらたんだい)は、鎌倉幕府の職名の一つ。承久3年(1221年)の承久の乱ののち、幕府がそれまでの京都守護を改組し京都六波羅の北と南に設置した出先機関。探題と呼ばれた初見が鎌倉時代末期であり、それまでは単に六波羅と呼ばれていた。
承久の乱の戦後処理として、後鳥羽上皇方に加担した公家武士などの所領が没収され、御家人に恩賞として再分配された。これらは、それまで幕府の支配下になかった荘園で、幕府の権限が及び難い西国に多くあった。再分配の結果、これらの荘園にも地頭が置かれることになった。また、幕府側は、朝廷方の動きを常に監視し、これを制御する必要が出てきた。
そこで、朝廷の動きをいち早く掴める白河南の六波羅にあった旧平清盛邸を改築して役所にし、北条泰時北条時房の二人が六波羅の北と南に駐留してこの作業にあたり、西国の御家人を組織し直して京の警備・朝廷の監視・軍事行動などを行わせた。これが六波羅探題の始まりである。
探題は執権連署に次ぐ重職とされ、伝統的に北条氏から北方・南方の各一名が選ばれて政務に当たった。探題には北条氏一族でも将来有望な若い人材が選ばれる事が多く、鎌倉に帰還後には執権・連署にまで昇進する者が多くいた。また、その下には引付頭人、評定衆引付衆奉行人などの鎌倉の組織に準じた下部組織なども置かれた。
元弘3年/正慶2年(1333年)に後醍醐天皇の討幕運動から元弘の乱が起こると、令旨に応じた足利高氏(尊氏)佐々木道誉赤松則村(円心)らは京を攻めた。これによって当時の探題であった北条仲時らは京を追われ、六波羅探題は消滅した。その跡地は現在京都市立六原小学校になり、近隣には六波羅蜜寺が存在する。  (wikipedia・六波羅探題より)]

法住寺殿の成立と展開」で想定されている「六波羅政庁と主な邸宅」図

カメラ位置は六波羅蜜寺境内で、カメラ北北東方向に平氏六波羅第・六波羅探題府址碑があります。

平治の乱
[平治の乱(へいじのらん)は、平安時代末期の平治元年12月9日(1160年1月19日)、院近臣らの対立により発生した政変である。
信西の執政
保元元年(1156年)の保元の乱に勝利した後白河天皇は、同年閏9月に『保元新制』と呼ばれる代替わり新制を発令した。「九州の地は一人の有なり。王命の外、何ぞ私威を施さん」と王土思想を強く宣言したこの新制は、荘園整理令を主たる内容としていた。鳥羽院政期は全国に多くの荘園が形成され、各地で国務の遂行をめぐって紛争が起きていた。この荘園整理令はその混乱を収拾して、全国の荘園・公領を天皇の統治下に置くことを意図したものであり、荘園公領制の成立への大きな契機となった新制と評価されている。その国政改革を立案・推進したのが、後白河の側近である信西であった。
信西は改革実現のために、記録所を設置する。さらに内裏の復興にも着手して、保元2年(1157年)10月に再建した。その直後にも新たに新制30ヶ条を出し、公事・行事の整備、官人の綱紀粛正に取り組んだ。この過程で信西とその一族の台頭は目覚ましかった。信西自身は、保元の乱で敗死した藤原頼長の所領を没収して後院領に組み込み、自らはその預所になるなど経済基盤の確保にも余念がなかった。
平氏一門の台頭
国政改革推進のため、信西は平清盛を厚遇する。平氏一門は北面武士の中で最大兵力を有していたが、乱後には清盛が播磨守、平頼盛が安芸守、平教盛が淡路守、平経盛が常陸介と兄弟で四ヶ国の受領を占めてさらに勢力を拡大した。また、荘園整理、荘官・百姓の取り締まり、神人悪僧の統制、戦乱で荒廃した京都の治安維持のためにも、平氏の武力は不可欠だった。大和守に平基盛が任じられたのも、平氏に対する期待の現れといえる。大和は興福寺の所領が充満していて、これまで国検をしようとしても神人・悪僧の抵抗によりことごとく失敗に終わっていた。清盛は武力を背景に国検を断行する一方、寺社勢力の特権もある程度は認めるなど柔軟な対応で、大和の知行国支配を行った。さらに清盛は大宰大弐に就任することで日宋貿易に深く関与することになり、経済的実力を高めた。信西は、自らの子・藤原成憲と清盛の女(後の花山院兼雅室)の婚姻によって平氏との提携を世間に示し、改革は順調に進行するかに見えた。
二条親政派の攻勢
しかし、ここにもう一つ別の政治勢力が存在した。美福門院を中心に東宮・守仁の擁立を図るグループ(二条親政派)である。美福門院は、鳥羽法皇から荘園の大半を相続して最大の荘園領主となっており、その意向を無視することはできなかった。美福門院はかねてからの念願であった、自らの養子・守仁の即位を信西に要求した。もともと後白河の即位は守仁即位までの中継ぎとして実現したものであり、信西も美福門院の要求を拒むことはできず、保元3年(1158年)8月4日、「仏と仏との評定」(『兵範記』)すなわち信西と美福門院の協議により後白河天皇は守仁親王に譲位した(二条天皇)。ここに、後白河院政派と二条親政派の対立が始まることになる。後白河にとっては、自らの院政を支える近臣の育成が急務となった。
信頼の登場
そこで後白河は、武蔵守・藤原信頼を抜擢する。もともと信頼の一門は武蔵国陸奥国知行国としており、両国と深いつながりを持つ源義朝と連携していた。保元3年(1158年)8月に後白河院庁が開設されると、信頼は院の軍馬を管理する厩別当に就任する。義朝は宮中の軍馬を管理する左馬頭であり、両者の同盟関係はさらに強固となった。義朝の武力という切り札を得た信頼は、自らの妹と摂関家の嫡子・近衛基実の婚姻も実現させる。後白河の近臣としては他にも、藤原成親藤原家成の三男)や源師仲が加わり院政派の陣容も整えられた。
反信西派の形成
ここに、信西一門・二条親政派・後白河院政派・平氏一門というグループがそれぞれ形成されることになった。信西一門の政治主導に対する反発が、平治の乱勃発の最大の原因と思われる。二条親政派と後白河院政派は互いに激しく対立していたが、信西の排除という点では意見が一致し、信西打倒の機会を伺っていた。一方、清盛は自らの娘を信西の子・成憲に嫁がせていたが、信頼の嫡子・藤原信親にも娘(後の藤原隆房室)を嫁がせるなど、両派の対立では中立的立場にあった。平治元年(1159年)12月、清盛が熊野参詣に赴き京都に軍事的空白が生まれた隙をついて、反信西派はクーデターを起こした。
三条殿襲撃
12月9日深夜、藤原信頼と信頼に同心した武将らの軍勢が院御所・三条殿を襲撃する。信頼らは後白河上皇・上西門院(後白河の同母姉)の身柄を確保すると、三条殿に火をかけて逃げる者には容赦なく矢を射掛けた。警備にあたっていた大江家仲・平康忠、一般官人や女房などが犠牲となるが、信西一門はすでに逃亡していた。山城国田原に逃れた信西は源光保の追撃を振り切れず、郎等の藤原師光(西光)らに命じて自らを地中に埋めさせて自害した。光保は信西の首を切って京都に戻り、首は大路を渡され獄門に晒された。信西が自害した14日、内裏に二条天皇・後白河上皇を確保して政権を掌握した信頼は、臨時除目を行った。この除目で源義朝は播磨守、嫡子・源頼朝は右兵衛権佐となった。
二条天皇の六波羅行幸
清盛は、紀伊国で京都の異変を知った。動転した清盛は九州へ落ち延びることも考えるが、紀伊の武士・湯浅宗重熊野別当湛快の協力により、17日帰京する。帰京までに、伊藤景綱・館貞保などの伊賀・伊勢の郎等が合流した。一方、義朝はクーデターのため隠密裏に少人数の軍勢を集めたに過ぎず、合戦を想定していなかった。信西と親しかった内大臣三条公教は信頼の専横に憤りを抱き、清盛を説得するとともに二条親政派の藤原経宗藤原惟方に接触を図った。二条親政派にすれば信西打倒を果たしたことにより、信頼ら後白河院政派は用済みとなっていた。公教と惟方により二条天皇の六波羅行幸の計画が練られ、藤原尹明(信西の従兄弟・惟方の義兄弟)が密命を帯びて内裏に参入する。25日夜、惟方が後白河のもとを訪れて二条天皇の脱出計画を知らせると、後白河はすぐに仁和寺に脱出した(『愚管抄』)。日付が変わって26日丑刻(午前2時)、二条天皇は内裏を出て清盛の邸である六波羅へと移動する。藤原成頼(惟方の弟)がこれを触れて回ったことで、公卿・諸大夫は続々と六波羅に集結する。信頼と提携関係にあった摂関家の忠通・基実父子も参入したことで、清盛は一気に官軍としての体裁を整えるに至り、信頼・義朝の追討宣旨が下された。
六波羅合戦
清盛は内裏が戦場となるのを防ぐために六波羅に敵を引き寄せる作戦を立て、嫡男・重盛と弟・頼盛が出陣した。平氏軍は予定通り退却し、洛中での市街戦の後、戦場は六波羅近辺へと移った。この間に信頼は戦線を離脱した。義朝は決死の覚悟で六波羅に迫るが六条河原であえなく敗退した。
戦後
義朝は東国への脱出を図るが途中で頼朝とはぐれ、朝長・義隆を失い、12月29日尾張国内海荘司・長田忠致の邸にたどり着いたところを鎌田正家とともに殺害された。義朝と正家の首は、正月9日、京都で獄門に晒された。頼朝も2月9日、頼盛の郎等・平宗清に捕まりやはり処刑されるところを、清盛の継母・池禅尼の嘆願で助命された。義朝と行動を共にした源重成・季実も滅亡の運命を辿り、ここに後白河院政派は事実上壊滅することになる。信西打倒に関わった者は、後白河院政派・二条親政派を問わず政界から一掃された。
後白河上皇と二条天皇の対立は双方の有力な廷臣が共倒れになったため小康状態となり、「院・内、申シ合ツツ同ジ御心ニテ」(『愚管抄』)とあるように二頭政治が行われたが、乱勝利の最大の貢献者である清盛はどちらの派にも組することなく慎重に行動した。平氏一門は院庁別当・左馬寮内蔵寮などの要職を占め、政治への影響力を増大させた。平氏の知行国も平家貞が筑後守、藤原能盛が壱岐守・安芸守、源為長が紀伊守となるなど、一門だけでなく郎等にも及びその経済基盤も他から抜きん出たものとなった。さらに多くの軍事貴族が戦乱で淘汰されたため、京都の治安維持・地方反乱の鎮圧・荘園の管理の役割も平氏の独占するところとなり、国家的な軍事・警察権も事実上掌握した。清盛はその経済力・軍事力を背景に朝廷における武家の地位を確立して、永暦元年(1160年)6月に正三位に叙され、8月に参議に任命され、武士で初めて公卿(議政官)の地位に就いた。やがて一門からも公卿・殿上人が輩出し、平氏政権を形成していったのである。
『平治物語絵巻』三条殿焼討(ボストン美術館所蔵)・wikipdia-photo、『平治物語絵巻』六波羅行幸巻(ボストン美術館蔵)・wikipdia-photo  (wikipedia-平治の乱より)]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*