みなとや幽霊子育飴本舗

マーカーはみなとや幽霊子育飴本舗です。

みなとや幽霊子育飴本舗
[由来
~母の深い愛情の物語~
命をつないだ飴の由来 今は昔、慶長四年京都の江村氏妻を葬りし後、数日を経て土中に幼児の泣き声あるをもって掘り返し見れば亡くなりし妻の産みたる児にてありき、然るに其の当時夜なよな飴を買いに来る婦人ありて幼児掘り出されたる後は、来らざるなりと。此の児八才にて僧となり修行怠らず成長の後遂に、高吊な僧になる。寛文六年三月十五日、六十八歳にて遷化し給う。
されば此の家に販ける飴を誰いうとなく幽霊子育ての飴と唱え盛んに売り弘め、果ては薬飴とまでいわるゝに至る。洵に教育の上に、衛生の上に此の家の飴ほど良き料は外に
なしと今に及んで京の吊物の吊高き品となれりと云う。  (「みなとや幽霊子育飴本舗公式ホームページ」より)]

[このお話は、後に落語になったり、また、ゲゲゲの鬼太郎で有名な漫画家、水木しげるさんも、題材にしているそう。昔ながらの方法で、変わらず作られる飴は、パッケージも素敵。300円と500円の袋詰めで販売されています。ほとんどを麦芽糖で作られる飴は、美しい琥珀色。大きな飴を砕いたゴツゴツした形をしています。「どうぞ、遠慮なく食べてみてください」と、すすめられミモロは、ひとつ口の中へ。固めの飴は、本当に最後まで、角の感じがそのまま。  (『「みなとや幽霊子育飴本舗」。日本で一番古い飴屋さん。口に広がる和みの甘さ』より)]

みなとや 幽霊子育飴本舗 – 清水五条/和菓子 [食べログ]

みなとや幽霊子育飴本舗 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がみなとや幽霊子育飴本舗で、カメラ西方向に六道の辻の碑があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*