建仁寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    建仁寺の子サイトへリンク
    建仁寺(勅使門)建仁寺(三門)建仁寺(法堂)建仁寺(本坊・方丈・東陽坊)建仁寺(開山堂)建仁寺(浴室)建仁寺(陀羅尼の鐘)

    建仁寺
    [日本に臨済宗を正式に伝えたのは栄西(ようさい、えいさい)がはじめとされている。栄西は永治元年(1141年)、備中国(岡山県)に生まれた。13歳で比叡山に上り翌年得度(出家)。仁安3年(1168年)と文治3年(1187年)の2回、南宋に渡航した。1度目の渡宋はわずか半年であったが、2度目の渡宋の際、臨済宗黄龍派(おうりょうは)の虚庵懐敞(きあんえじょう)に参禅した。建久2年(1191年)、虚庵から印可(師匠の法を嗣いだという証明)を得て、帰国する。当時、京都では比叡山(延暦寺)の勢力が強大で、禅寺を開くことは困難であった。栄西ははじめ九州博多聖福寺を建て、のち鎌倉に移り、北条政子の援助で正治2年(1200年)に建立された寿福寺の開山となる。その2年後の建仁2年(1202年)、鎌倉幕府2代将軍源頼家の援助を得て、京都における臨済宗の拠点として建立されたのが建仁寺である。伽藍は宋の百丈山に擬して造営された。創建当時の建仁寺は天台宗真言宗禅宗の3宗並立であった。これは当時の京都では真言、天台の既存宗派の勢力が強大だったことが背景にある。創建から半世紀以上経た正元元年(1259年)には宋僧の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう、鎌倉建長寺の開山)が11世住職として入寺し、この頃から純粋禅の寺院となる。建仁寺は、応仁の乱による焼失のほか、応永4年(1397年)、文明13年(1481年)などたびたび火災にあっており、創建当時の建物は残っていない。
    風神雷神図(国宝)-俵屋宗達筆。金地の二曲一双屏風のそれぞれに風神と雷神を描く。たっぷりと取られた余白が広い空間を暗示し、天空を駆ける両神のダイナミックな動きを感じさせる。俵屋宗達の代表作として名高い。原本は京都国立博物館に寄託されているが、複製の屏風および陶板は建仁寺で見ることができる。元々は京都の豪商・打陀公軌(うだきんのり/糸屋十右衛門)が建仁寺派である妙光寺再興の記念に俵屋宗達に製作を依頼したもので、その後、妙光寺から建仁寺に寄贈された。

    風神雷神図  (wikipedia・建仁寺より)]

    建仁寺公式ホームページ

    建仁寺境内図

    建仁寺資料リンク
    都名所図会」・「巻之二 平安城再刻 建仁寺」、「巻之二 平安城再刻 建仁寺(一枚目)解説」、「巻之二 平安城再刻 建仁寺(二枚目)解説
    建仁寺(拡大図)

    都林泉名勝図会」・「巻之一 建仁寺(一枚目)」[図会解釈お勧めサイト]、「巻之一 建仁寺(二枚目)」、「巻之一 建仁寺解説」、「巻之一 正伝院(一枚目)」、「巻之一 正伝院(二枚目)」、「巻之一 正伝院解説」、「巻之一 霊洞院 」、「巻之一 霊洞院解説

    花洛名勝図会」・「東山之部 五 建仁寺・南門・摩利支天堂 (建仁寺)」、「東山之部 五 其二 (建仁寺)」、「東山之部 五 東山建仁禅寺 (建仁寺)解説
    建仁寺・南門・摩利支天堂 (建仁寺)(拡大図)

    其二 (建仁寺)(拡大図)

    建仁寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ東方向が建仁寺西門(総門)です。

    カメラ南方向が建仁寺北門です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *