悲田院

マーカーは悲田院です。

悲田院
[聖徳太子が身寄りのない老人や放置されている子供を収容する施設として造られたのが悲田院の始まりといわれる。延慶元年(1308)無人和尚がこれを一条安居院に再興し、四宗兼学の寺とした。
 後花園天皇はこの寺を勅願寺とされ、崩御の時には当寺で御葬儀や荼毘が行なわれた。これより当寺住職は代々天皇の綸旨を賜わり紫衣参内が許された。正保3年(1646)、高槻城主・永井直清が現在地に移建し、如周和尚を迎えて住持としたのが現在の悲田院である。その後、明治18年(1885)、塔頭寿命院と合併再興され、本尊阿弥陀如来である。
 寺宝としては快慶作と伝えられる宝冠阿弥陀如来坐禅像や逆手の阿弥陀如来立像があり、また土佐光起光成などの土佐派と、橋本関雪の襖絵がある。なお当院の毘沙門天は除災招福の仏として広く信仰されている。  (「悲田院/毘沙門天 – 御寺 泉涌寺|公式サイト|」より)]

[悲田院(ひでんいん)は、京都市東山区にある真言宗泉涌寺派の寺院。泉涌寺塔頭のひとつで、本尊は阿弥陀如来。泉山七福神巡り6番(毘沙門天)札所。
歴史
悲田院とは身寄りのない子供や老人・貧しい人を収容する福祉施設であるが、平安京にはその悲田院が東西の二つあった。しかし、やがて両方とも消滅してしまった。
延慶元年(1308年)、無人如導が一条安居院に天台真言浄土の四宗兼学の寺を創建する。そこにかつての福祉施設であった西悲田院の名跡を引き継いで寺院名を悲田院とした。
室町時代になると後花園天皇は悲田院を勅願寺とした。この縁によって当寺の歴代の住職は、代々天皇の綸旨を賜わって、御所への紫衣参内が許された。後花園天皇の崩御の際には当寺で葬儀や荼毘が行なわれた。
正保2年(1645年)、如周恵公が摂津国高槻藩主永井直清の帰依を受け、悲田院を現在地に移転させる。以後、高槻藩の庇護を受けて栄える。
1885年(明治18年)、泉涌寺塔頭寿命院と合併し、現在に至る。
寺には快慶作と伝えられる宝冠阿弥陀如来坐像や逆手の阿弥陀如来立像があり、また土佐光起・土佐光成父子による土佐派や、橋本関雪の襖絵がある。
悲田院山門・wikipedia-photo

悲田院玄関・wikipedia-photo

  (wikipedia・悲田院_(京都市東山区)より)]

Google Map 画像リンク

悲田院山門(Google Map 画像)

悲田院境内(Google Map 画像)

悲田院玄関(Google Map 画像)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*