愛宕念仏寺元地碑

マーカーは愛宕念仏寺元地碑です。

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)元地碑
[愛宕念仏寺は,醍醐天皇(885~930)願で,延喜11(911)年伝燈大法師千観(918~83)の開基。千観は空也(903~72)の教えを受けて熱心に念仏を進め,念仏上人とも呼ばれたので念仏寺の称が生じたとする。天台宗延暦寺派で,本尊千手観音大正11(1922)年右京区嵯峨鳥居本に移転した。この石標は愛宕念仏寺の旧地を示すものである。
所在地 東山区松原通大和大路東入北側
位置座標 北緯34度59分51.9秒/東経135度46分22.8秒(世界測地系)
建立年 1994年
建立者 愛宕念仏寺
寸 法 高89×幅12×奥行12cm
碑 文
[南]
愛宕念仏寺元地
[北]
平成六年平安建都一千二百年記念
建立施主
愛宕念仏寺住職公朝代
下村文朝
調 査 2002年2月18日  (「HI014 愛宕念仏寺元地 – 京都市」より)]

花洛名勝図会」・「東山之部 五 愛宕念仏寺」、「東山之部 五 愛宕念仏寺解説
愛宕念仏寺(拡大図)

[愛宕念仏寺
名古屋梅裡・酔ば舞ふ物か天狗も花の春
矢根門并車寄松は是より西の方本坊の傍にあり]

愛宕念仏寺元地 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が愛宕念仏寺元地碑です。