智積院

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    智積院
    [智積院の歴史は複雑で、紀州にあった大伝法院と、豊臣秀吉が、3歳で死去した愛児豊臣鶴松のために建てた祥雲寺という2つの寺が関係している。
    智積院は、もともと紀州(現在の和歌山県岩出市)根来山(ねごろさん)大伝法院の塔頭(たっちゅう、山内寺院)であった。大伝法院は真言宗の僧覚鑁(かくばん)が大治5年(1130年)、高野山に創建した寺院だが、教義上の対立から覚鑁は高野山を去り、保延6年(1140年)、大伝法院を根来山に移して新義真言宗を打ち立てた。智積院は南北朝時代、この大伝法院の塔頭として、真憲坊長盛という僧が建立したもので、根来山内の学問所であった。
    近世に入って、根来山大伝法院は豊臣秀吉と対立し、天正13年(1585年)の根来攻めで、全山炎上した。当時の根来山には2,000もの堂舎があったという。当時、智積院の住職であった玄宥(尭性/ぎょうしょう、1529-1605)は、根来攻めの始まる前に弟子たちを引きつれて寺を出、高野山に逃れた。玄宥は、新義真言宗の法灯を守るため智積院の再興を志したが、念願がかなわないまま十数年が過ぎた。
    関ヶ原の戦い徳川家康方が勝利した翌年の慶長6年(1601年)、家康は東山の豊国神社(豊臣秀吉が死後「豊国大明神」として祀られた神社)の付属寺院の土地建物を玄宥に与え、智積院はようやく復興した。さらに、三代目住職日誉の代、元和元年(1615年)に豊臣氏が滅び、隣接地にあった豊臣家ゆかりの禅寺・祥雲寺の寺地を与えられてさらに規模を拡大し、山号を現在も根来に名を残す山「五百佛山」、復興後の智積院の寺号を「根来寺」とした。
    祥雲寺は、豊臣秀吉が、3歳で死去した愛児鶴松(棄丸)の菩提のため、天正19年(1591年)、妙心寺の僧・南化玄興を開山に招いて建立した寺であった。現在、智積院の所蔵で国宝に指定されている長谷川等伯一派の障壁画は、この祥雲寺の客殿を飾っていたものであった。この客殿は天和2年(1682年)の火災で全焼しているが、障壁画は大部分が助け出され、現存している。現存の障壁画の一部に不自然な継ぎ目があるのは、火災から救出されて残った画面を継ぎ合わせたためと推定されている。
    近代に入って1947年にも火災があり、当時国宝に指定されていた宸殿の障壁画のうち16面が焼失してしまった。この時焼けた講堂は1995年に再建された。講堂再建に先だって、1992年に発掘調査が実施されたが、その結果、祥雲寺客殿の遺構が検出され、日本でも最大規模の壮大な客殿建築であったことがあらためて裏付けられた。
    障壁画のうち楓図(部分)長谷川等伯筆・wikipedia-photo
    伽藍
    東大路通りと七条通りのT字路に面して総門(東福門院の旧殿の門を移築したもの)が建ち、その先には講堂(平成7年、1995年、300年ぶりに再建)、大書院、宸殿などが建つ。大書院は桃山城の遺構といわれる。大書院に面した庭園は千利休好みと言われ、国の名勝に指定されている。境内奥には金堂(本尊金剛界大日如来、地下に胎蔵界大日如来)、明王殿(大雲院本堂を移築したもの、本尊不動明王)、大師堂(1789年築、空海を祀る)、密厳堂(1667年築、新義真言宗の祖・覚鑁を祀る)などが建つ。他に宝物館(国宝障壁画を収蔵)、智積院会館(宿坊)などがある。
    金堂

    総門・wikipedia-photo、大師堂・wikipedia-photo、密厳堂・wikipedia-photo、庭園のバチ型の刈り込み・wikipedia-photo
    国宝
    ●大書院障壁画 25面 長谷川等伯・久蔵父子の作。正式の国宝指定名称は以下の通り。「桜楓図」のうちの「桜図」が等伯の子で26歳で没した久蔵の遺作とされている。
     ●紙本金地著色松に草花図 床(とこ)貼付4、壁貼付2
     ●紙本金地著色桜楓図 壁貼付9、襖貼付2 
     ●紙本金地著色松に梅図 襖貼付4
     ●紙本金地著色松に黄蜀葵及び菊図 床(とこ)貼付4
     ●附:違棚貼付、袋棚小襖等 26面
    桜楓図のうち楓図 長谷川等伯筆

    桜楓図のうち桜図 長谷川久蔵筆

       
    ●松に草花図(右隻) – 紙本金地著色松に草花図 二曲屏風一双 屏風装になっているが、「大書院障壁画」と一連のものである。 

      (wikipedia・智積院より)]

    除夜の鐘
    [一年を締め括る大晦日(おおみそか)は、旧い年が「除けられる日」という意味で「除日(じょじつ)」ともいわれ、除日の夜(=除夜)に撞かれる鐘を「除夜の鐘」といいます。
     「除夜の鐘」は私たちの心の迷いである百八煩悩に由来し、百八回鐘を撞くことで往く年を反省し、来る年に希望を託して除災招福(じょさいしょうふく)を祈ります。
     総本山智積院では、鐘楼堂において法要が行われ、12月31日午後11時50頃から除夜の鐘が撞かれます。一般の方も参加できます。鐘を撞かれた方には智積院の守り札を授与いたします。 またご参列いただいた方には、お飲み物等のご接待があります。  (「除夜の鐘 | 真言宗智山派 総本山智積院」より)]

    智積院鐘楼付近の紅葉の壁紙 1366×768

    参拝のご案内 | 真言宗智山派 総本山智積院

    智積院境内案内図(詳細は「境内図」よりご覧ください。)

    智積院資料リンク
    拾遺都名所図会」・「巻之二 左青龍首 智積院
    智積院(拡大図)

    都林泉名勝図会」・「巻之三 智積院」、「巻之三 智積院解説

    花洛名勝図会」・「東山之部 七 智積院・一枚目」、「東山之部 七 智積院・二枚目」、「東山之部 七 一乗山智積院 (智積院)解説
    智積院・二枚目(拡大図)

    [其二・智積院表門・新日吉社]
    智積院・一枚目(拡大図)

    [智積院・新日吉社奥・妙見堂]

    法務所 – Google Map 画像リンク」、「智積院庭園 – Google Map 画像リンク」、「五百仏山根来寺智積院 – Google Map 画像リンク」、「鐘楼 – Google Map 画像リンク」、「智積院 明王殿 – Google Map 画像リンク」、「智積院 大師堂 – Google Map 画像リンク」、「密厳堂 – Google Map 画像リンク

    平面図 ⑮ -カメラ東方向が智積院総門です。

    平面図 ⑳ -カメラ東方向が山門で、左側に智積院拝観受付所があります。

    平面図 ⑫ -カメラ北方向が鐘楼です。

    平面図 ① -智積院金堂前のカメラで、参道両サイドの竹垣は智山垣と言うそうです。

    智積院金堂内のカメラです。

    平面図 ⑤ -大書院からの名勝庭園のカメラです。

    平面図 ⑥ -名勝庭園のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *