東福寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    東福寺サイト内子リンク
    東福寺(三門)東福寺(本堂)東福寺(方丈)東福寺(禅堂)東福寺(経蔵、殿鐘楼)東福寺(東司)東福寺(六波羅門・勅使門)東福寺(浴室)東福寺(五社成就社)東福寺(大鐘楼)

    東福寺関連サイト内リンク
    東福寺(霊雲院)東福寺(通天橋)東福寺(常楽庵)東福寺(月下門、三聖寺愛染堂)東福寺(偃月橋)東福寺(龍吟庵)東福寺(即宗院)東福寺仁王門東福寺北大門東福寺中大門

    東福寺
    [東福寺は京都市東山区の東南端、伏見区と境を接するあたりにある。この地には延長2年(924年)に藤原忠平によって建てられた藤原氏の氏寺・法性寺(ほっしょうじ)の巨大な伽藍があった(法性寺は、JR・京阪東福寺駅近くに小寺院として存続している)。嘉禎2年(1236年)、九条道家摂政・鎌倉将軍藤原頼経の父)は、この地に高さ5丈(約15メートル)の釈迦像を安置する大寺院を建立することを発願、寺名は奈良東大寺興福寺の二大寺から1字ずつ取って「東福寺」とした。5丈の釈迦像を安置する仏殿の建設工事は延応元年(1239年)から始めて、完成したのは建長7年(1255年)であった。高さ5丈の本尊釈迦像は元応元年(1319年)の火災で焼失、14世紀半ば頃に再興されるが、明治14年(1881年)の火災で再び焼失している。なお、東福寺には巨大な「仏手」(現存部分の長さ2メートル)が保管されており、旧本尊像の左手部分のみが明治の火災の際に救い出されたものと推定されている。これは創建時の本尊ではなく、14世紀に再興された本尊像の遺物であるが、本尊の「高さ5丈」というのはあながち誇張ではなかったことがわかる。
    九条道家は開山(初代住職)として、当時での修行を終えて帰国していた禅僧・円爾(えんに、1202-1280)を迎えた。円爾は駿河国(現在の静岡県)の人で、嘉禎元年(1235年)、宋に渡って径山(きんざん)興聖万寿禅寺の高僧・無準師範(ぶしゅんしばん、1178-1249)に入門。印可(師匠の法を受け継いだというお墨付き)を得て仁治2年(1241年)、日本へ帰国した。円爾ははじめ九州博多承天寺に住したが、同寺が天台宗徒の迫害を受けて焼き討ちされたため、九条道家の援助で上洛、東福寺の開山に迎えられた。
    東福寺の建設工事は30年以上に亘って続き、法堂(はっとう、顕教寺院の「講堂」にあたる)が完成したのは文永10年(1273年)であった。その後、元応元年(1319年)の火災をはじめたびたび焼失するが、九条家鎌倉幕府足利家徳川家などの援助で再建されてきた。昭和51年(1976年)韓国全羅南道新安郡智島邑道徳島沖の海底から、大量の荷を積んだジャンク船が発見、引き揚げられた(新安沈船)が、積荷木簡の中には「東福寺」「十貫公用」などの字が見られることから、この船は焼失した東福寺の造営料を名目として、鎌倉幕府公認で派遣された唐船(寺社造営料唐船)であることが推測されている。近代に入って明治14年(1881年)にも大火があり、仏殿、法堂、方丈庫裏などがこの時焼失した。現在の本堂、方丈、庫裏などは明治以降の再建だが、国宝の三門をはじめ、東司(便所)、浴室、禅堂などは焼け残り、中世の建物が現存している。
    東福寺からは歴代多くの名僧を輩出しており、『元亨釈書』の著者である虎関師錬(こかんしれん)、室町時代画僧として活躍し、その後の仏画水墨画に多大な影響を及ぼした吉山明兆(きつざんみんちょう)などが著名である。
    三門、本堂、方丈、庫裏などからなる主要伽藍を中心に25の塔頭寺院がある。主要伽藍の北には洗玉澗(せんぎょくかん)という渓谷があり、西から東へ臥雲橋、通天橋、偃月橋という3本の橋(東福寺三名橋)が架かる。通天橋は、本堂から通じる廊下がそのまま屋根付きの橋となったもので、この付近は特に紅葉の名所として知られる。橋を渡ると、開山円爾を祀る開山堂(常楽庵)がある。応仁の乱の戦火を免れた貴重な文化財が数多く存在する。

    紙本淡彩東福寺伽藍図 伝雪舟筆(重要文化財)

    日下門

      (wikipedia・東福寺より)]

    東福寺公式ホームページ

    東福寺境内と周辺図(「東福寺公式ホームページ – 拝観案内」より。)

      
    都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 東福寺」、「巻之三 左青龍再刻 恵日山東福寺 (東福寺・一枚目)解説」、「恵日山東福寺 (東福寺・二枚目)解説
    東福寺(拡大図)

    花洛名勝図会」・「東山之部 八 恵日山東福禅寺 (東福寺・一枚目)」、「東山之部 八 恵日山東福禅寺 (東福寺・二枚目)」、「東山之部 八 恵日山東福禅寺 (東福寺・三枚目)」、「東山之部 八 恵日山東福禅寺 (東福寺)解説
    恵日山東福禅寺 (東福寺・一枚目)(拡大図)

    カメラ東方向が東福寺西門(日下門)です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *