東福寺(龍吟庵)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    Google Earth で街並散歩(日本編)- 東福寺のトップページ

    東福寺関連サイト内リンク
    東福寺(霊雲院)東福寺(通天橋)東福寺(常楽庵)東福寺(月下門、三聖寺愛染堂)東福寺(偃月橋)東福寺(即宗院)

    龍吟庵
    [龍吟庵(りょうぎんあん)は、京都府京都市東山区にある臨済宗東福寺派の寺院で東福寺塔頭である。東福寺第三世住持、無関普門(大明国師)の住居跡で、東福寺塔頭の第一位に置かれている。毎年11月に一般公開。
    歴史
    建暦2年(1212年) 信濃国にて無関普門(仏心大明国師)が誕生する。上京して東福寺開山円爾(聖一国師)のもとに参禅する。
    建長3年(1251年) 無関普門が入する。
    弘長2年(1262年) 無関普門が宋より帰国する。
    弘安4年(1262年) 無関普門が一条実経の招きに応じて東福寺第三世住持となる。
    正応4年(1291年) 無関普門により創建される。
    正応4年(1291年) 12月12日、龍吟庵にて無関普門が死去する。
    建造物
    方丈(国宝)- 応仁の乱以前にさかのぼる室町時代初期に建造された現存最古の方丈建築。単層入母屋造こけら葺。正面には両開き板唐戸の入口を設け、両端の柱間には遣戸をはめ込むなど、書院造寝殿造風の名残もとどめている。
    開山堂 – 方丈の背面に位置し、大明国師坐像(重要文化財)を安置する。
    庫裏(重要文化財)
    ●表門(重要文化財)
    庭園
    方丈を囲んで東・西・南の三庭からなっている。いずれも重森三玲の手による枯山水の庭で、昭和39年(1964年)の作庭である。
    方丈の一景

    ●南庭(無の庭)
    方丈の前庭で、白砂を敷いただけのシンプルな庭になっている。

    ●西庭(龍門の庭、清光苑)
    龍吟庵の寺号に因んで、龍が海から顔を出して黒雲に乗って昇天する姿を石組みによって表現している。竹垣には稲妻模様が施されている。

    ●東庭(不離の庭)
    大明国師が幼少の頃、熱病にかかって山中に捨てられた時、二頭の犬が国師の身を狼の襲撃から守ったという故事を石組みで表している。鞍馬の赤石を砕いたものが敷かれている。

      (wikipedia・龍吟庵より)]

    東福寺境内と周辺図

    閑古鳥旅行社 - 竜吟庵方丈

    龍吟庵 – Google Map 画像リンク

    龍吟庵表門前のカメラで、カメラ北北東方向が龍吟庵表門、カメラ南方向が偃月(えんげつ)橋、その左が即宗院表門です。

    竜吟庵方丈玄関前のカメラです。カメラ西北西方向が表門になります。

    カメラ南南東方向が南庭(無の庭)で、カメラ西北西方向が西庭(龍門の庭、清光苑)です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *