正林寺

マーカーは正林寺です。

正林寺
[正林寺(しょうりんじ)は 京都市東山区渋谷(しぶたに)通東大路東入3丁目上馬町(かみうまちょう)にある、浄土宗の寺院である。ここには、平重盛(小松殿)の別邸で、48の灯籠をともして念仏させたという灯籠堂のあったところで、平家没落後、九条兼実の山荘となっていた。ここに法然を招き、法談をし、法然を戒師として兼実が剃髪出家した旧跡である。法然がここに居住していたこともあるという。法然上人二十五霊跡第14番。
元久2年(1205年)8月、法然が瘧(おこり)をわずらい、その時聖覚が修法を施したという。建永2年(1207年)3月、四国に流罪の時も当御房から出発した。応仁の乱で、ここは灰燼に帰した。義山が復興に努め、弟子の恵空が遺志をつぎ、真盛辻子にあった正林寺を移した。享保20年(1735年)九条家より河原殿の建物が移築され、大師堂方丈などになった。
正林寺山門

  (wikipedia・正林寺_(京都市)より)]

小松谷御坊旧跡
[小松谷御坊は,正式には清涼山光明真言院正林寺という浄土宗の寺で,通称を小松谷正林寺という。もと関白九条兼実(1149~1207)の別業の地で,兼実は法然(1133~1212)を請じたびたび法談を行った。中世に一時廃絶したが,江戸中期に義山・恵空が北野の正林寺を移して中興した。宝暦年間(1751~64)建立の本堂に阿弥陀如来像,大師堂に円光大師(法然)像を中心に九条兼実・聖光国師像を祀る。この石標は,正林寺中興以前の小松谷御坊の跡を示すものである。
所在地 東山区上馬町(正林寺前)
位置座標 北緯34度59分28.2秒/東経135度46分47.5秒(世界測地系)
建立年 (享保19年)
建立者 (浄清)
寸 法 高98×幅18×奥行18cm
碑 文
[西]
小松谷御坊旧跡
[南]
正林寺
[東]
      八月廿五日
■■■■■■■■■■■■【摩滅不可読】
[北]
左大津道
調 査 2002年2月20日
備 考 『京都の道標』所収/同書には東面を「享保十九年甲寅八月廿五日 施主浄清」と読む  (「HI042 小松谷御坊旧跡 – 京都市」より)]

正林寺資料リンク
都名所図会」・巻之三 左青龍再刻 小松谷正林寺 (正林寺)巻之三 左青龍再刻 小松谷正林寺 (正林寺)解説

花洛名勝図会」・東山之部 七 小松谷正林寺 (正林寺)東山之部 七 小松谷正林寺 (正林寺)解説
小松谷正林寺 (正林寺)(拡大図)

正林寺 – Google Map 画像リンク」、「小松谷 正林寺 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向が正林寺山門で、山門左前に小松谷御坊旧跡碑、右に円光大師旧跡碑(HI050 円光大師旧跡 – 京都市)があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*