法音院

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    法音院
    [鎌倉時代末期にあたる嘉暦元年(1326)無人如導宗師によって泉涌寺山内に創建されるが、室町期応仁文明の大乱により当院も兵災焼亡の憂目に会う。
    その後、江戸時代の初期寛文四~五年(1664~1665)幕府及び本多正貫・同夫人の支援を得、覚雲西堂の手により現在の地に再建される。
    寛文の再興以来、駿州田中城本多家京都における菩提寺となり本多氏の当主の位牌は幕末まで当院に安置されることになる。
    寺内には正貫が建立した三河出身で徳川家康などに仕えた父本多正重の石碑 が、正貫・同夫人及びその家臣等の墓とともに本多山より移されている。
    現在の本堂英照皇太后御大葬の御須屋を賜ったもので本尊はあらゆる人を救う羂索[投げ縄]をもつ不空羂索観音 。一面三眼八臂のお姿でこの世では病なく、財宝を得、水難火難を除き、人々に敬われ慈悲の心で暮らすことができるなどの利益を得られ、死に臨んでは苦しみなく浄土に導かれるなどの利益を得るという。
    書院には伏見桃山城の遺構の一部であり、泉涌寺七福神寿老人を祀る寺として信仰を受けている。  (「法音院ホームページ」より)]

    [法音院(ほうおんいん)は、京都市東山区泉桶寺山内町にある真言宗泉涌寺派の寺院。総本山泉涌寺の塔頭。本尊は不空羂索観音。洛陽三十三所観音霊場第25番札所。
    鎌倉時代末期の嘉暦元年(1326年)、無人如導によって泉涌寺山内に創建されるが、応仁の乱により荒廃する。江戸時代の寛文4年(1664年)と翌寛文5年(1665年)に江戸幕府や旗本である本多正貫夫妻に支援され、覚雲西堂の手により現在地に再建される。
    以後、本多正貫の子孫である駿河国田中藩主本多家の京都における菩提寺となった。
    境内には正貫が建立した徳川家康に仕えた父本多正重の石碑が、正貫夫妻やその家臣たちの墓とともに本多山より移されている。
    法音院・wikipedia-photo

    法音院寿老人・wikipedia-photo

      (wikipedia・法音院_(京都市東山区)より)]

    法音院境内図

    法音院 – Google Map 画像リンク」、「寿老人堂 – Google Map 画像リンク

    カメラ南西方向が法音院山門です。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *