渋谷街道

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    渋谷街道関連ページリンク – 「渋谷街道(馬町)

    本町通(伏見街道)
    [本町通は、京都市の南北の通りの一つで、鴨川東岸にあり、同じく南北の通りである川端通師団街道の東側、大和大路通の西側に位置する。 北は五条通から、南は伏見区内で直違橋通(すじかいばしどおり)となり、国道24号につながっている。道のりの大部分がかつての伏見街道に合致する。  (wikipedia・本町通_(京都市)より)]

    渋谷街道
    [渋谷街道(しぶたにかいどう)、または渋谷通、渋谷越とは、東山を越え京(京都)と山科を結ぶ京都市内の通りの一つ。
    渋谷は、もともとは滑谷(しるたに、汁谷、瀋谷などとも記される)と言われ、沢の水が絶えず落ち葉などと相俟って非常に滑りやすい道となっていたことに由来する。 古くは、久々目路、苦集滅道(くずめじ)とも称した。 また、馬町通(うままちどおり)とも呼ばれた。
    東国から京に至る古くからの道であり、『保元物語』に「久々目路」の文字をみることができる。 鎌倉幕府六波羅探題がこの道の京都側に設置されたことで、東から京への入口として重要性が高まることになった。
    現在の渋谷街道に相当する京都府道116号渋谷山科停車場線は、東大路通(馬町交差点)から始まるが、渋谷街道の京都側の起点はそれよりも西の本町通とされる。山科側では東進し醍醐街道(渋谷醍醐道交差点)に至るが、かつては途中で北よりに進路を変え、五条別れで東海道(三条通)に合流していた。  (wikipedia・渋谷街道より)]

    カメラ位置は本町通(伏見街道)/渋谷街道でカメラ東方向が渋谷街道です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    *