祗園甲部歌舞練場

マーカーは祗園甲部歌舞練場です。

(花見小路通・祇園、一力亭西花見小路通・祇園西松竹小路・祇園青柳小路、松竹小路・祇園白川通・祇園新橋通・祇園)

グーグル・アート・プロジェクト – 歴史アーカイブ – 「京都散策・明治初期~大正初期

祗園甲部
[寛永年間(1624年 – 1645年)に祇園社(現在の八坂神社)の門前で営業された水茶屋が始まりとされる。京都所司代板倉重宗によって茶立女(ちゃたておんな)を置くことが許可され、門前の茶屋町を「祇園町」と称するようになった。寛文年間になると四条河原町に芝居小屋が建ち、四条通大和大路通にも茶屋が開かれるようになり、弁財天町・二十一軒町・中之町・山端町・宮川町で、「祇園外六町」と称した。享保17年(1732年)、正式に茶屋渡世の営業許可が下りると元吉町・橋本町・林下町・末吉町・清本町・富永町の「祇園内六町」が開かれ、さらに繁栄した。この際に、団子をモチーフにした紋章が作られた。この紋章は現在も祇園甲部と祇園東の紋章として使われている。江戸末期にはお茶屋が500軒、芸妓、舞妓、娼妓合わせて1000人以上いたという。
明治に入り東京奠都によって繁栄に陰りが差した祇園を立て直すため、一力亭の九代目当主杉浦治郎右衛門は明治5年(1872年)に、大参事槇村正直や初代京都府知事長谷信篤の協力を得ながら「祇園甲部歌舞会」を設立。芸を身につけた職業女性として、芸妓の自立と地位向上をめざした。また、京都博覧会の付け博覧会として都をどりを企画・創設した。第1回の都をどりの振り付けを担当したのは三世家元・三代目井上八千代であり、これ以降、祇園甲部では井上流が舞の流儀となった。現代においても祇園の舞は井上流一筋となっている(それ以前は篠塚流の存在も大きかった)。この時期、祇園は文人や政治家等に愛され大いに繁栄した。当時「膳所裏(ぜぜうら)」と呼ばれていた一部の地域は明治14年(1881年)に祇園乙部(後の祇園東)として分離し、現代に至る。
大正元年(1912年)、貸座敷取締規制改正により四条通両側、縄手通(大和大路通)におけるお茶屋営業が禁止され、四条通に面していた一力亭は入口を花見小路側に移設した。第二次世界大戦が始まると白川沿いの北側は建物疎開で破壊された(その中に磯田多佳が経営していた「大友(だいとも)」が含まれていた)。この地域は現在は遊歩道となっている。1945年に太平洋戦争が終わると、祇園甲部はすぐに営業を再開。1950年には「都をどり」が南座で再開された(後に本拠地である祇園甲部歌舞練場に戻り、現在に至る)。  (wikipedia・祇園甲部より)]

祇園甲部歌舞練場
[祇園甲部歌舞練場は1872年(明治5年)に初演された都をどりの専用劇場として開設され、初代は1873年(明治6年)、建仁寺頭塔清住院を改装し、おどりのほか温習会等の行事に使用された。 1913年(大正2年)、現在地に移転し純和風建築の劇場を竣工。1953年(昭和28年)、大改装に実施、2001年(平成13年)、京都府有形文化財に登録され現在に至る。
2016年10月7日から耐震調査などのために一時休館。再開館は数年後になる見込み。  (wikipedia・祇園甲部歌舞練場より)]

祇園甲部歌舞練場ホームページ

弥栄会館
[まるでお城のような建物。白鷺城を模して建てられたとのことで京都らしい建物です。大阪の松竹座・東京の日劇をも手がけた大林組の木村得三郎の設計。弥栄会館は祗園甲部歌舞連場の施設の一つで,コンサート等の新たな大衆娯楽に対応して昭和11年に建てられたホール・事務所建築。風致に配慮し,銅板瓦の屋根を幾重にも載せた城郭風というか帝冠風の意匠です。鉄骨鉄筋コンクリート造り5階建ての登録有形文化財。(「レトロな建物を訪ねて : 京都の弥栄会館」より)]

都林泉名勝図会」・「巻之二 下河原宴席

カメラ東方向が祗園甲部歌舞連場です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*